不動産コラム

いかにも現実味を帯びて見えてきてしまうから恐ろしい

最近の北朝鮮情勢の報道を気にかけている人の中では、
きっと、
「戦争は現実に起こるかもしれない」
と覚悟している人も少なくないんではないだろうか。
SF小説やSF映画が描いてきたことの殆どが現実化したことを考えれば、
SF映画が描く核戦争後の地球の映像が
いかにも現実味を帯びて見えてきてしまうから恐ろしい。
結局、人間はいつになっても変わらないのだ。
遠い昔から、
世界中どこにでも自国の為だけに他国を侵略してきた歴史がある。
島国の日本では、
幸いなことに侵略・征服されることはなかったが、
長い間その狭い島の中で日本人同士で同じことようなことが繰り返された。
そして昔のある時代に
日本も領土拡大や資源確保を言い訳に海を渡り他国を侵略した。
理由はどうあれ歴史は事実だ。
その結果として様々な課題を抱えながら
今の現代社会があるのだが・・・
自分さえよければいい。
自分の国さえよければいい。
そんな考え方が文明の進んだ今の時代にも蔓延るのは、
これから先の地球や人類の運命を想像するに足る現象だ。
どこの国の政治家も、
本当は何を考えて、
裏では何を狙っているのか・・・
文明が進んで
人の知性にも格差が大きくなくなった筈の現代でも、
理屈の合わないことを平気で言う政治家や国は多い。
どこかの大統領が
「地球温暖化など嘘っぱちだ」と言っていたが、
世界中で起こっている異常気象や、
北極や南極の気象の変化で、
海に大きな変化が起きているのは現実だ。
沈みつつある島や国さえもあるのだ。
日本では「地球温暖化が進めば、
今まで推測されてきた以上に集中豪雨などが起こりやすくなる」
と言う研究結果が出ているようだ。
現実にこれまで有り得なかった異常気象によって頻発する災害。
これまでは他国の現象だと思われていた竜巻が頻発する国に、
いつの間にか日本もなってしまった。
これから先これが良い方向に向かう可能性はない。
結局は災害に備えるか、
この気候で暮らせる安全な場所を選んで住むしかないようだ。
しかし、「危ない場所からは引っ越せばいい」と、
誰でも簡単に言うことはできるだろうけれど、
当事者にとってはそう簡単なことではない場合が多いようだ。
最近は大地震の記憶も薄れつつあったり、
自然災害に対する警戒を忘れがちになっていたが、
不動産業を生業にしていると同時に、
個人的にも不動産資産を所有することが大好きな私としては、
未来を考えて、
現状に縛られずに、
安全な場所に住み替えたり、
建物を補強したりすることは、
大変でも必要な投資だということを最近になって再認識した。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.