不動産コラム

お金を稼ぐのは私。 お金を貯めるのは家内。

商店や零細企業の経営者と言うものは
実は良きにつけ悪しきにつけいつでも資金繰りに追われているもので、
足りなければ借金をすることが当たり前の状態で、
借金が出来ることが実力のうちだと考える場合が多い。
勿論、事業を拡大していく過程で自己資金だけでできることは限られているから、
”業績拡大イコール借金が増える”であることは普通なのだ。
しかし、売り上げと支払い経費と利益と借金返済。
この歯車が上手くバランスを保って回転している内は良いが、
このバランスがひとたび崩れ始めると破綻への道まっしぐらとなるのが常だ。
いつの時代も常に”思い通り計算通り”に物事が進み続けることはない。
我々商店や零細企業の経営者も
ある程度の経験を積み安定した業績を維持できるようになったなら、
会社の経営と個人の人生の経営をしっかりと分離しなければならない。

・・・・・・・・
お金を稼ぐのは私。
お金を貯めるのは家内。
無駄なお金を使うのは私。
資産としての不動産を作るのも私。
私と家内は全く性格も違うし育った環境も違う。
だから抵抗なく役割分担が出来ている。
最近よくネットの記事に見かけるのが
「財布をいくつ持っているか」
もちろん「長財布を持つとお金がたまる」とか言われる
現実にお金を入れて持ち歩く財布の話ではない。
確かに収入が入る財布は種類も数も多いほどいい。
しかしそれを管理する財布もそれとは別に種類を分けたほうがいいようだ。
収入と支出と、
貯蓄と資産を残し管理するそれぞれの財布。
財布の数は忘れるほどに多くてもいい。
日常の生活の支出は
サラリーマンでも経営者でもしっかりと管理して抑えられるほどいい。
貯蓄は毎月一定額を必ず積み立てさらに余裕があればそれに上積みする。
若い頃は自分に投資することが大切なのは勿論のことだが、
金額に拘らず貯蓄癖は若いうちからつけておいたほういいだろう。
資産としての不動産は計画的に増やしていければ理想的だ。
それでも景気のいい時代ばかりではないから
追い詰められて虎の子の資産を処分して金策をする時もある。
それでもそれが有ると無いでは天国と地獄の差が出る。
普段は現金として見ていない資産は最後の命綱でもあるのだ。
それぞれの財布をキチンと独立させて維持していければ理想的だ。
実は私のような零細企業や商店の経営者は殆どの場合
会社の運転資金と個人の収入や生活費をごっちゃにしてしまうものだ。
財布を分けているつもりが苦しいやりくりにその境界はいつの間にか消え去る。
しかしこれが将来的には様々な大きな問題を引き起こす原因にもなるのだ。
商売に必要なお金と不動産、
個人の資産である現金や不動産をそれぞれ完全に分離できるようになれば、
零細企業や商店の経営者としては一人前と言えるだろう。
しかし現実は厳しいものでそこまでの道のりは長いものだ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.