不動産コラム

ここまで来たら「ほどほど」なんて言葉は忘れてしまおう

ネットの記事によると、
研究の結果、
「ほどほどのお酒を毎日飲んでいる人」が、
もっとも死亡率が低いことがわかってきたそうです。
ま、こんなことを家内に言ったら、
「また都合のいいいい加減な記事を見つけてきて!」
そう叱られそうですが、
60年以上も生きてくると、
この「ほどほど」の重要なことに気が付くことがとても多いですね。

しかし、「ほどほど」ですべて流してきた人生に、
大きな難もなく”まあまあの人生”だと納得していたとしても、
私的にはきっと思い残すことがとても多いんではないかと思ってしまいます。
男の人生は「いい歳をして!」
そう詰られるのを嫌って避けるようになって何もやれなくなったら、
もうおしまいのようです。
何歳になっても好奇心が旺盛で、
どんな失敗や後悔なんかものともせず
やりたがり買いたがりで生き続けるなのが元気の証だと考えたいものだと思っています。
「年甲斐もない!」
そういわれることに恥ずかしさを感じるようになったら、
それはもう自分で必要以上に老いを受け入れてしまってもう何もできなくなってしまう。
できればある年齢になったら、
それまで縛られていた当たり前の社会通念や理性なんて、
一切合財捨ててしまいたいものだと思っています。
例えばリタイアなんかしたら収入は減るし勿論のこと経費も使えない。
そうなっても、
余分なお金がなくとも自分らしく男らしく生きるには・・・
財布の中身を気にしながら生きるくらいなら、
いっそのことお金を使わずに生きる術を学びたいものだと考えています。
山の中や海辺の自給自足生活なんてのは正に理想的。
ま、この年齢でなかなかそこまではできなくとも、
飯のおかずや酒の肴は自分で獲ってくるなんて生活を一度はしてみたいのが男です。
例え先祖が農耕民族だろうと狩猟民族だろうと、
自分の体の中に流れる血が騒ぐ思いをした経験は誰でもあった筈です。
そんな血が騒ぐような体験を求めて彷徨うのは社会人を無事卒業してから。
いずれにせよ「お金が無くて仕方なく」では何ともわびしいが、
例えしっかり蓄えを持っていても試してみたいのが本能のままに生きる貧乏生活だろうか。
ここまで来たら「ほどほど」なんて言葉は忘れてしまうのがいいかもしれない。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.