不動産コラム

これまでこんな被害にはあったことがない

心配なのは地震ばかりではないようだ。
地球の温暖化が世界中に異常気象を招いている。
大型台風や豪雨が土砂災害を引き起こし
台風が来ない、梅雨がない、
夏涼しいが当たり前だったはずの北海道が台風と豪雨の災害に見舞われる。
住宅は流され農作物の被害は甚大だ。
「これまでこんな被害にはあったことがない」
みんなが声をそろえて言うような場所に災害が起こる。
しかし、日本は元々平坦地の少ない火山国で島国。
山が多ければ川も多い。
土砂災害や水害を気にして避けていては住む場所は限られてくるようだ。
さて、住宅を建てるのに注意すべき条件の場所は・・・
素人ながら考えてみると
堤防のないような川沿いで流れがぶつかれば増水する可能性が高い場所。
開発の影響で木の少なくなった山や切り立った崖地が無処置のままある場所。
昔から大きな災害の起こった記録の残っている場所。
しかし危なそうに感じるが意外に大丈夫なのが崖の上。
崖の上に建築する場合は崩落を回避するために大概は対策を講じているからだ。
しっかりと上の崖が工事をしてあれば上に家があっても崖の下は比較的安心。
それから傾斜の上方に当たる場所を国道などが通っている場合も力強い。
分譲地でも大雨の度に川のようになってしまう道のそばは水害が心配だ。
土地の使い勝手が良く人気のある角地も、
その川のような流れがもろにぶつかる位置では苦しい。
傾斜の上方に向けての角地は擁壁で少し高めにしておいた方がいいかもしれない。
何しろ「昔はこんなことは起こらなかった」と言うことが日本中で起きている。
「ここは絶対大丈夫」なんて言わず、
あらゆる可能性を考えて万一の為の対策をうっておくことも必用かもしれない。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.