不動産コラム

さて、決めた通り次の人生を生きることにした

60歳とか65歳といえば
世間でいえば定年退職の年頃だろうか。
人それぞれその職場や職業によって引退の時期には違いがあるが、
年齢を問わず
仕事をやめても生きていける自信と条件が整って、
自分が本当にやめたいのなら、
きっとその時が一番の引退の時期だといえる。
それぞれの当事者が本人の意思で決めるのが一番いいのだ。
陰口で老害とか言われる前に、
自分に限界を感じたらさっさとやめるのもありだろうし、
周りに何と言われようと
世の中の役に立っているという自信があるのなら堂々と続ければいい。
人はそれぞれ役目をもって生きているのだ。
さて、私の場合、
「絶対に、金子さんは生涯現役だな」
長年の経営者人生でみんなにそう言われ続ける中、
周りには悟られることもなく
長年をかけてじっくりと考えしっかりと準備をして、
本心一日でも早く引退をしたくて、
近い将来に引退をすることを決めその準備を着々と進めてきた。
私がいなくなっても
これまで長年勤めてくれたスタッフは全員残るし、
新しいリーダーによって
会社はこれまで通り継続されさらに歴史を重ねていくことになる。
経営者として若すぎた20代から40数年。
様々な時点で大きな決断を重ね、
必死で乗り越えた深く険しかった谷の数も、
頂上を目指して登った山の数も自慢できるほどに多い。
自ら終わりを宣言しても不思議のなかった
有頂天の天国も
明日を見失いかけた地獄も
自力で乗り越えてきたから達成感は半端ではない。
愚者は経験に学び、
賢者は歴史に学ぶというけれど、
凡人の私は、
若かった前半はもっぱら経験に学び、
その後は歴史に学びながら
自分の経験値に判断の基準を求めたと言っていいだろう。
さて、引退後の
人生後半の生き方やその区切りの時期を決めるにあたり、
納得のいかないものは全て排除した。
人生前半の集大成である引き際の美学は最も拘ったことだ。
心残りというより、
後悔の残る可能性のある選択はしないことにした。
お金より悔いのない生き方と納得が優先だと心に決めた。
晩節を汚すような選択肢は一切取らないことに重きを置いた。
結果、計画通りあらゆるものをあっさりと清算するから気分は爽快だ。
これからの人生は
当然のこと
これまでの人生を足場にしているけれど、
これまで重く背中に載っていた
経営者としての公的な責任や債務を全て降ろし、
個人的な人生の責任以外は何も背負わず、
全く違った思考と選択基準をもって生きていくつもりだ。
引き際はそういう意味では人生の最も大きな分岐点だ。
おそらく
「あの時代はよかったのにな・・・」
てなことを言って酒を飲みながら愚痴ることはないだろう。
さて、決めた通り次の人生を生きることにした。
もうそれは目の前にある。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.