不動産コラム

そしてまた新手の初心者が手を出す

この数年、競売を専門に扱う、
経験を積んだ不動産業者の競売物件の仕入れが思うようにいかないで苦しんでいる。
ま、基本的に競売は”他人の不幸を飯の種にする商売”だから、
それが盛らないのはもしかして良い時代なのかもしれない。
しかし、この競売商売は景気の良い悪いにかかわらず廃ることはない。
失業して住宅ローンが払えなくなった。
商店や会社の業績不振や破綻で借り入れの返済が出来なくなった。
競売に物件が出てくる原因は様々だが、
昔は町の貸金業や不動産業者ばかりでなく裏の世界の稼ぎ場となっていた。
だから競売の世界は素人には恐ろしくて立ち入れない世界だったのだ。
その後、法律が整備され、
開放された今の競売は誰でも参加の出来る不動産の掘り出し物を探す場所となった。
しかし、何でもそうだが掘り出し物と言うのは、
それを誰もが知ってしまうところにはもうある筈がない。
競売に出る以前に任売になってしまう場合が増え、
めぼしい物件が減少する中、
入札の競争は激化し、
物件の入札価格は上昇し、
我々不動産業が購入して再販しても利益が出ないような価格にまで
入札価格が跳ね上がった物件ばかりになった。
最近は不動産仲介業者が競争激化の中で本来の仲介の売り上げが確保できず、
仕方なく無理をしてこの未体験の競売の世界に足を踏み入れる場合が多い。
しかし大概の場合、
競売に初めて手を出す初心者は殆どが痛い目にあっているようだ。
痛い目にあった初心者はそこから手を引く。
そしてまた新手の初心者が手を出す。
その繰り返しだ。
入札業者が増えたり減ったり・・・
同じことを繰り返し競売にも競争の激しい時期とそうでない時期が順番に訪れる。
金融緩和であまりにも低い金利。
そして殆ど手持ち資金が無くても購入できるほどに膨らんだ融資額。
結果、誰もが不動産を購入できる時代になった。
しかし確かに返済金額は低く抑えられても、
融資対象の頭数が増えればいつの間にか審査の質は緩み、
その結果やっぱりそれでも返済できなくなる人は増え始める時が来る。
大手企業や公務員の給料は上がっても中小零細企業の給料は上がらない。
大手企業だって業績が低迷すればリストラが始まることだって考えられる。
失業すればローンが払えなくなり金融機関は競売の準備に入る。
また競売物件が溢れる時代が訪れることになる。
時代は繰り返すのだ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.