不動産コラム

なにしろ見る間に目に前で時代は変わってしまったのだ

さて、今年1年間はしっかりと休暇をとり、
存分に遊んで、
さらに十分に稼ぐ。
そんなやりたい放題の方針で過ごすことにした。
人生にはメリハリが必要だ。
一昨年・昨年とまったく何もできなかったことを考えれば
今年一年間のやりたい放題も許してやると言いたい。
なんだかんだ言って
そんなことをしている間に年末を迎えればもうついに65歳だ。
それ以上働くのかどうかもそれまでに決めるつもりだ。
人によっても職種によっても
何歳まで実質的に現役で稼ぎ続けることができるかは違いがある。
70歳定年が呟き始められた最近だが、
現実に70歳になっても続けることに問題のない職種と、
ちょっと危険だなと感じてしまうような職種があっても不思議はない。
最近はタクシーの運転手さんも高齢者が目立つ。
特に地方都市には多いようだ。
高齢になってからでも始められるものもあれば、
「その年齢ではちょっと・・・」と、警戒される職種もある。
ま、働けるうちは働くのがこれからの生き方の主流になるのだろう。
収入があれば、
それに見合った消費は誰に遠慮することもない。
しかし、収入が無くなってからの過激な消費は身を亡ぼすもとだ。
人生のうちで
いつかは買わなければならない大きな買い物は、
元気のある50代のうちに済ませておこう。
もし自分がサラリーマンであって
退職金で完済予定の住宅ローンがあるのなら、
退職金をあてにせず少しでも多く前倒しで返済する努力をするべきだろう。
きっとそれが老後の人生を明るくする為に今できる重要な作業の一つだ。
もうすこしで60代の後半に突入の私だが、
定年のない経営者だし、
まだ元気なので
現役の経営者のうちは継続して大きな買い物を続けるつもりだ。
もしかしたら70歳になるまでにあの世へ行ってしまうかもしれないけれど、
もし働き続けるならばそれまで大きな買い物を続けるのもいいだろう。
しかし何と言っても
みんな揃って長寿の時代に突入しようとしているのがこの日本だ。
95歳くらいまで死ねないことも想定したうえで、
資金的な心配がないようにしておくのがこれからの時代の生き方だ。
自分が90代になった時には子供はもう既に60代。
孫は30代だ。
老いた自分の面倒を高齢の子供にさせるわけにはいかない。
これは、今自分が経験していることからも守りたい自分のルールにする。
なにしろ見る間に目に前で時代は変わってしまったのだ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.