不動産コラム

なれないことはやめたほうがいい

世の中の定年退職年齢は55歳から60歳。
最近は65歳へと徐々に変化しつつある。
それ以上に生涯現役なんて考え方が主流になりつつあるようだ。
働けるうちは働きたい。
「退職後に簡単で楽に儲かる仕事や投資は?」
そんなことを誰もが考える。
「なれないことはやめたほうがいい」
どちらかと言うと私はそんなことを言う性格ではないのだが、
現実にはチャレンジしていい年代と
自分の置かれた環境と能力。
これは年齢を重ねれば重ねるほど条件が厳しくなる。
もしどうしてもチャレンジするなら、
長年経験値を積み上げてきた、
自信のある分野でのチャレンジに限定したほうが無難なように思う。
誰もが考えることだが、
実は趣味でお金を稼ぐのはとても難しい。
もともとどんな仕事でも
会社の冠を外してしまったら実力の発揮のしようがない。
やっぱり現実は厳しいのだ。
それならば、出ていくお金をコントロールして絞るしかない。
しかし、現役時代に膨らんだ生活費や消費習慣は、
リタイアした翌日からそう簡単に変えられるものではない。
それに備えて5年・10年前から仕組みを作り、
しっかりと慣らし運転をしておかなくてはだめだ。
日本に限らず世界中で平均寿命が伸び、
誰もが退職後の
いつまでかかるかも知れない生活費を心配する時代になった。
年金だって頼りにならない時代だって来るかもしれない。
そして誰もが考えること。
「その為に投資する?」
「それともしない?」
基本的に我々の年代で投資と認識すべきものは、
今まで現役時代に稼いで積み上げた自己資金を元手に、
リスクの低い投資をして
少しでも貯金を取り崩すことを防ぐ努力だと考えている。
だから、この年代になって退職金を全て注ぎ込んだり、
大きな借金をして収益不動産を購入したり、
やったこともない商売を始めることは全く分野の違うことであり、
この分野のことは、
現役時代に完結するような資金計画のもとに行うべきだと考えている。
やり直しがきかない年代になってから
老後や退職後のためにする投資は、
徹底してリスクを避けられるものに限定すべきなのだ。
勿論、生涯現役や、
80歳を超えてもまだ元気で現役を続けているのなら、
話は別だが・・・
話は違うが、
未来への投資と称して、
子供や孫に資金を提供することはあるだろうけれど、
これを投資と呼ぶのはいかなるものか。
私に言わせれば見返りを求めないものは資産の分配であって、
ここでいう投資の範疇ではないからだ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.