不動産コラム

なんでこんなに地味になっちゃったの?

今では「なんでこんなに地味になっちゃったの?」
と、自分でつくづく思うようになってしまったが、
実は私も20代・30代の頃は
周りが羨むような生活をしていた。
なんと言っても運がよかったのだろう。
そう、私はとても運のいい男なのだ。
なにしろ若いころからたくさん稼いでいた。
仕事は好きだった。
どんな仕事でもだ。
体も頭もよく使った。
手先も器用だった。
他人が嫌がるようなことにも好んで挑んだ。
物覚えもよかった。
休みなしで朝も昼も晩も働いた。
自宅は大きく贅沢だったし、
車はいつでも高級輸入車。
毎晩のように高額のお店を飲み歩いたし、
家族旅行も海外を含めいろいろ行った。
そんな若いころは収入に見合った贅沢を望んだものだが、
その後調子に乗って失敗し苦しい15年ほどを過ごした。
そんな時代があって
結果、お金に対する考え方は大きく変化した。
これだって
このまだ再起の可能な若い年代で経験できたんだからとても運がいい。
やっぱり私は運がいいのだ。
もしもう10年遅かったら今の自分はなかったかもしれない。
やり直してその後の50代ごろからは
収入や資産が増えるにつれ今度は逆に生活は質素になっていった。
それは、人生観が変化して、
お金を稼ぐ目的が変化したのにも関連するし、
それなりの年齢になって
やりたいことを一通りやってしまった感の影響も大きい。
しかし、それよりも大きいのは自分が高齢に向かっていることと、
それにより生まれてくる様々なリスクに対する備えを
急がなくてはならないことを自覚したことが大きい。
それから十数年。
結果、これまでの人生の中で、
派手に稼いだバブルの時よりも
現在はきっと実質的には資産も増えている。
何故なら資産は増えたのに借金がないからだ。
しかし、余裕があるからと言って贅沢をしたいとは思わないし、
余程の興味深い目的でもない限り、
海外旅行に行く気力などはもう戻ってはこないだろう。
しかし、そんな自分の変化を一通り自覚してしまうと、
また白紙に戻して
何もかも一から考えてみるのもいいかもしれないと考える。
言ってみれば「一度目の人生は取り敢えず無事ゴールだな」
だから2度目の人生に思い切って足を踏み出してもいいと思う。
「もうできない」とか、
「もう十分」とか、
「もう興味ない」とか、
「今更もったいない」とか、
そんな縛りを一切捨てて何でもまた検討してみるのはいいことだ。
何のために今まで働いてきたのか・・・
そんなことを考える時期もきっと過ぎてしまった。
これからのことを全く違った形で考えてもいい時期だ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.