不動産コラム

もしかしてその両方がバランスを維持していてこそ

あと5年。
できればあと10年。
私が大好きな釣りに通える年数だ。
65歳にもなると
自分は大丈夫と思っていても過信は禁物だし
間違いを起こせば周りに迷惑をかける。
それを認識して様々な予防線を張るが想定外はどこにでもある。
「ま、いつどこで釣りをしてて死んでも後が困らないように十分に準備はしておこう」
それが私の60代になってからの覚悟だ。
そのために残っていた懸案事項は年内にすべて決着をつける予定だ。
オーナー経営者が急逝したら
あっという間に会社がつぶれてしまうような
世の中によくある惨劇には決してならない。
店はある。
実績はある。
スタッフはそろっている。
借金はない。
長年にわたって売り上げは安定している。
誰が引き継いでも
「続けるか廃業するか」は何の縛りもなく選択できるのだ。
「たかが釣りで何を言ってるの?」
と言われそうだが、
私にとっては最重要課題の一つだ。
「釣りあっての人生」
は、私にとって過言ではない。
この10年ほどはかなり我慢気味だったが、
今年からは釣りの頻度を上げてもっともっと一生懸命楽しむ。
私の年代でやりたいことをやるのに必要なのは
健康・気力・時間
そしてお金と家族の健康と理解だ。
いくら時間と健康があってもお金がなくては思うように動けない。
お金と時間があっても
自分の健康と支えてくれる家族の健康がなければ
気力は生まれも維持もできないし、
いくら考えても何も実行できない。
私が30代の前半で
頻繁にアラスカを中心に海外の釣りに飛びまわっていた頃、
それぞれいつも同行しているのはその頃の私の親の世代の釣友達。
つまり60代から70代のお金持ちの先輩の皆さんだった。
今、私はその年代になってしまった。
あの頃に元気だった先輩の皆さんのように
私の場合はいったいいつまで釣りを続けることができるか・・・
考えてみると
仕事を続ける元気くらいなければ好きな釣りも続けられやしない。
いつまで気力を維持して仕事を続けるのかと、
いつまで元気で楽しく釣りに行けるのかは、
もしかしてその両方がバランスを維持していてこそなのかもしれない。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.