不動産コラム

もしかして今が一番楽しいと言うべきなのか・・・ ②

「この年齢になったからできるんだ」と、
喜ぶべきことも確かにあるが、
「なんでこんなことができないんだ」
「何でこんなことが抜けてしまったんだろうか・・・」と、
戸惑うと同時に嫌悪感に襲われる時がある。
そんな今の自分に納得がいかないから、
若い頃の葛藤とは全く違った新たな葛藤が始まる時代を迎える。
「私は大丈夫」
なんでも同じだが、
なんの確固たる裏付けもないのに
「自分だけはそんなことにはならない」と、
何故か思ってしまうのが人間のようだ。
「自分は絶対にあんなふうにはならない」
「あいつらとは鍛え方が違うさ」
しかしそんな思い込みなど一瞬にして木端微塵にしてしまうのが
誰も逃げられない年をとると言うことらしいし、
当事者になってみなければ解らないことだらけの、
自分も知らないうちに足を踏み入れている全く未体験領域がこれなのだ。
若い頃は私も思ったもんだ・・・
「年なんかとりたくない」
しかし、年をとるということは例外なしに確実に順番に訪れるものだから、
残念ながらこれには運も依怙贔屓もない。
ま、私には分からないが美容や整形に大きなお金をかけたり、
体力を落とさないようにトレーニングジム通いを続けるとか、
確かに「若く見える」とか「年の割に元気だ」とか言われる人もいるが、
さて、それがイコール健康で幸せな長寿であるかどうかは定かではない。
元気な長寿・・・
何といってもその時が来るまで自分で何でもできる年のとり方が理想だろう。
それぞれに与えられた寿命をまっとうできれば、
最近では「早すぎる」と言われる60代や70代前半の死でもいいのだ。
私の父は90歳を目前にして今も一人暮らしをしているが、
いまだに好きなものを自分で買ってきて健康に拘った料理を自分で作り、
動けなくなるまで好きなことをやって暮らし、
「あの世へ行くときは一気に行きたい」と言い続け、
時折「その気があるか」と、聞いてみるが、
今は老人ホームへ入る気などは全くないようだ。
年をとるのは誰でも同じだと言っても、
どんな形であれやっぱり楽しく充実した時間を最後まで過ごせた者の勝だと
言わざるを得ない。
「いい年をして勝とか負けとか人と比べるのはもうやめたら?」
最近はそう言う自分がいつでも居るが、
今さら何も人と比較して買ったとか負けたとかとか言っているわけではない。
言い換えれば、
納得ができたのかできなかったのか、
いやもっとカッコよく言えば、
「自分に勝てたか負けたか」と言うところだろうか。
さて、世の中には手本がいっぱいあるが、
私としてもこの父の生き方は一つの大切な手本だ。
何ができれば納得できるのか、
さて自分にはどんな生き方が向いているのか・・・
取り敢えず私は今、
人生後半の生き方の選択肢を増やし続けることができる環境にいる。
考えてみればそれは「これからの生き方の選択肢を増やす」と言う
実はとてつもなく贅沢で楽しい作業をしていると言えるのかもしれない。
何故なら元々思う通りの生き方なんてできている人は稀なんだから・・・
いろいろ考えるとやっぱり年をとると言うことは何とも悩ましいもののようだ。
自分がどうありたいかを考えれば、
どうしても何らかの手本や基準を探してしまうが、
「これしかできないから仕方がない」
そんな敗者的な諦めで最後の決めごとはしたくないだけなのだ。
そう考えると
「自分はとても恵まれている。選択肢を増やし続けることができる今は楽しい」
と、考えるべきだし言うべきなんだろうか・・・

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.