不動産コラム

セミリタイア?それとも生涯現役?  その②

長年やっている事業は今もそれなりに好調で、
自分の健康とも照らし合わせ、
3年から5年先くらいまでの目標や具体的な計画は既に決めてある。
これから先も身の丈をわきまえて自分自身を慎重にコントロールしてさえいれば、
それなりに好業績は続くだろうし
暫くは会社の破綻につながるような大きな問題も起きないだろう。
確かに60代・70代にもなればあらゆる経験を積んできているから、
経営者としての技量は
若いものに比べて格段うえの実力を持っていることだろう。
だからもどんな問題が起こっても大きくならないうちに手を打つことができるし、
自分が関わる仕事は何でもうまくいく確率は高くなる。
まさに自分の思いのままにできる仕事場は居心地がすこぶるいい。
しかし、振り返ってみれば我々の世代の経営者の誰もが、
若いころから積み上げた失敗と成功の経験の数だけ
それはいつでも誰かにチャンスを与えてもらってきた筈だ。
そして好運にも学ぶ能力を持っていたから、
経験した失敗と成功の数だけ経営者としての技量は膨らんできたのだ。
さて、60歳にもなれば、
後継者がいれば後継者に、
それがいなければ他の誰かにその仕事を譲る時が遠からず必ず訪れる。
その時が近づいて今さら後継者がいないことを嘆いても仕方がないし、
例え好運にも後継者がいても
その後継者が頼りないことを嘆いてみても仕方のないことだ。
60代を迎えた我々経営者がその時に備えてやるべきことは、
次の世代を担う人たちに多くの経験を積むチャンスを与えることだろう。
もしその対象がいなければ外にそれを求めたり、
事業自体を誰かに譲ったり、
それが経営者が最後に果たすべき最も大切な役割になる。
それはそれなりに準備も必要だし多くの時間や資金を使うから
当然のこと自分が元気で事業も好調なうちがいい。
「いよいよそんな時期が近づいてきたな」と感じ始めたならば、
できるだけ早い時期に可能な限りして現場に権限委譲を行い、
そろそろ、徐々に居心地のいい自分の会社にいる時間よりも、
そこを離れ、
それ以外の時間の過ごし方についても考え直してみるべきだ。
遅すぎたと後悔する前に・・・

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.