不動産コラム

セミリタイア?それとも生涯現役?  その④

ま、例え経営者でなくても、
60代になってからじゃ、
反省してもきっともう遅いんだよな。
何といっても今の時代に熟年離婚や定年離婚が多いのはその証だ。
しかし、運が良ければ、
勤め人なら会社のルールや仕事を理由に
全く家にいなかったそれまでの生活の申し開きもできるかもしれない。
しかし経営者の場合はまったく話が違う。
経営者は仕事も私生活もすべてが自己責任だからだ。
休みをとれないのも、
時間を作れないのも会社のせいにはできないし、
付き合いのせいにもできない。
それを誰かのせいにしているうちは、
自分では何も決められない無能力経営者であると
世間に打ち明けているようなものだからだ。
そんな壁を乗り越えなけりゃ望むセミリタイアなんてのは夢のまた夢。
その先へ無理やりにでも進むために
先ずは自分の時間を有り余るほどに作りたい。
さて、経営者が業績を落とさずに自分の時間を増やす為の必須条件とは・・・
①経営状態が良いこと。
②資金繰りに追われていないこと。
③権限委譲できるだけの信頼できるスタッフがいること。
考えてみれば当たり前のことだが、
しかしこの3つを揃えられる経営者がいったい全体の何割いるだろうか。
でもこれが揃っていないことを言い訳にしている経営者はみんな失格者だ。
この条件を創り続けることこそが
その時期を迎えた経営者に必要な能力なのだから。
皮肉なことに、
「自分にはこの3点が揃っているさ」なんて甘く考えていると、
とんでもないところで足をすくわれることになるから大変だ。
今、経営状態が良くても、
今は資金繰りに追われていなくても、
うちには任せられるスタッフがいると信じていても・・・
経営者の留守が多い会社の多くは、
どこにでもある幾つかの理由で衰退していくのは世の中の決まり事なのだ。
しかし、こんな条件をものともせず、
全て自己責任で自分の時間を作り、
家族の為の時間を作り、
タフに家庭と仕事を両立することができないようでは
一人前の経営者だと胸を張ることなど決してできないのだ。
「仕事さえしていればすべてはうまくいく。」
「お金さえ持って帰れば何でも許してもらえる。」
日本人にはいまだにその辺の考えの甘い経営者が多いようだ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.