不動産コラム

ローンの返済が苦しい場合はどうすればいい?

以前までの住宅ローンは、返済が苦しくなって滞納するような状況になると、保証会社が金融機関にローンの残債を弁済し、以降は保証会社に債権が移る流れが当たり前でした。
金融機関が住宅ローンの返済計画に応じることは少なく、また、保証会社の存在によって、滞納した場合であってもすぐに回収が可能だからです。

ところが、中小企業金融円滑化法という法律によって、借り手から住宅ローンの返済についての相談があったときに、金融機関は応じる努力をするという状況の変化が見られました。
中小企業金融円滑化法は既に終了(平成25年3月末まで)していますが、依然として金融機関は相談用の窓口を用意しており、対応はそれほど変わっていません。

このような背景があるため、住宅ローンの返済に困ったらとにかく借りている金融機関に相談してみることです。
返済計画の見直しには、返済額を減らして返済期間を延ばしたり、当面の返済額を金利のみにするなど方法はいろいろありますので、自分で無理のない返済額まで下げられないか頼んでみましょう。

金融機関との話し合いが折り合わず、返済計画の変更が認められなかった場合については、家を手放す方向で考えていくことになります。
手放したくないからといって、住宅ローンを支払わず住み続けても、家は差し押さえられ競売に掛けられる運命なので時間はそれほどないのです。

競売まで行く手前で行う任意売却という方法もありますが、本来は、住宅ローンを支払えなくなると見込まれた時点で家の売却を検討しておかなくてはなりません。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.