不動産コラム

一朝一夕に出来上がった巨城ほど脆いものはない

この数年、
円安効果や企業の業績向上で実は日本は好景気だったようなのだ。
そこに海外からの旅行者が増え、
さらにお土産にメードインジャパンの製品が飛ぶように売れた。
だから企業によっては膨大な金額の余剰資金を貯め込んだ筈だ。
ま、それでも日本中に様々な形の格差が広がった為に、
日本全体としては好況感はあるとは言えなかったことは確かだ。
まだみんなにお金が行き渡っていないのに・・・
そんな日本にもまた不景気風が吹き始めそうだ。
日本への嫌がらせのような増税により
中国からの観光客の爆買は水が引くように消え去り、
円高の影響で海外からの観光客がこれからどうなるのかは予想がつかない。
しかしこれは元々予想がついていたことばかりだ。
それでもやっぱり日本の企業は強い。
日立や東芝は原発関連で大きな受注が続いているようだ。
事故で苦労している日本が原発を輸出?
三菱重工は洋上風力発電49基をデンマークで受注した。
両極端のような発電関連技術だが日本は全てを持っている。
原発輸出に賛否両論はあるだろうが世界規模の経済活動は電力が左右する。
電力需要は止まることなく拡大中なのだ。
世の中は世界規模で大きな変化の渦の中だ。
経営者も長年やっていると、
必要以上に用心深く臆病になって、
例え石橋を気のすむまで叩いても、
結局一歩を踏み出せずそれを渡れず、
橋の手前でじっと変化を見守ることしかできなくなる場合もある。
勿論、経営者も百人百様で、
一歩たりとも攻めて出ようとしない経営者もいるかと思えば、
周りの助言や制止など気にも留めず
流行りや潮目の変化に乗って命がけで突き進む恐れ知らずの経営者もいる。
しかし長年に渡って一つの会社なり商店を経営していくということは、
実は傍から見える以上に困難なことだ。
城を築き上げる時に大きな石と小さな石を組み合わせながら石垣を積み上げるように、
実は細かいパーツを組み合わせてこそ、
長い時代を生き残ることが出来る仕組みが出来上がってくるものなのだ。
その一つ一つのパーツを自分で探し、作り、
様々な形態の隙間を埋める経験こそが経営者の財産だ。
だから、一朝一夕に出来上がった巨城ほど脆いものはないことを、
勝ち戦も負け戦も沢山こなし経験を積んだ経営者はよく心得ているものだ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.