不動産コラム

下手の考え休むに似たり

老後の為に資産を残しておきたい。
これは現役で毎日働いている人間にとって誰でも考えることだ。
特に寿命が延びて、
望まなくても80歳・90歳と長生きをしてしまうとすれば、
毎日・毎月・毎年・・・お金が出ていくばかりだ。
親から充分な資産を引き継いで何の心配もないという恵まれた人もいるが、
殆どの場合は自分でそれを貯めなくてはならない。
特に自営業や商店に勤める人にとっては年金の額は微々たるもので、
それだけを当てにして老後の生活を安泰とは冗談でも言えない。
それでは一体どれだけのお金が必要なのかは、
意外に人によって主張する金額や考え方は様々だ。
しかし、可能性で判断してしまうにはあまりにも怖いことなので、
あらゆる可能性を考えて試算をするべきだろう。
最近、よく頭に浮かぶ言葉が
”下手の考え休むに似たり”
ま、考えているだけで実行しなければ”無駄なだけ”で済むが、
素人が身の丈以上の投資に手を出すと何もかも無くしてしまうのは、
周りを見回してみればその例は掃いて捨てるほどにある。
お金が少ないからもっと稼ぎたいと考えるのか、
少ないからそれでも暮らせる環境を探したり創ったりするかは自分の判断だろう。
「老後は田舎暮らしで自給自足を目指し無駄遣いをしないでのんびりと暮らしたい」
最近はこんな人が増えているようだが、
現代社会ではこれはある意味”理にかなった選択”と言えるかもしれない。
空き家が増えている田舎ならば家を買っても借りても安い。
もし自分で食べる分の野菜を作ろうと考えるなら、
畑は無理に買わなくとも休耕地を借りればいいようだし、
人口減少に悩む地方では移住生活をバックアップしてくれる傾向にあるようだ。
都会の生活をやめて自宅を売却するか賃貸をして、
田舎で安い小さな家を購入または借家をする。
都会で暮らした現役時代のように周りの目を気にして見栄を張る必要はないし、
家は雨漏りさえなければ小さくてもボロでもいいし、
車も走りさえすれば小さくてもボロでもいい。
完璧でなくとも自給自足の真似ごとをすれば食費も削れる。
隠遁生活を言い訳に付き合いも義理も極限まで削ればそれもいい。
そこまで考えれば
後は無駄遣いさえしなければ年金は少なくてもそれなりにやっていけるかもしれない。
お金を沢山持っている人と、
あまり持っていない人が同じ考えのもとに同じ生活をする必要は元々ない訳で、
お金があまりかからず余裕をもってゆったりと暮らせる環境を創るのは大賛成だ。
暇を持て余して毎晩のように居酒屋に通えば無駄遣いも甚だしいと考えるならば、
それをしないで畑仕事をすれば暇はつぶれるし野菜も手に入る。
海や川が近くて釣りのできる場所があるなら努力次第で魚も手に入る。
それを肴に一杯なんてのは何とも健康的だ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.