不動産コラム

不動産を相続した場合:売却する際の相続登記

相続した不動産を売却する場合、故人の名義のままでは不動産を売却することができません。
不動産売却では、売主から買主に対して所有権移転登記を行う必要上、不動産の所有者は売主でなければならないためです。

当たり前の話ですが、故人は売主になることができないため、相続した売主は自分名義にしておかなければ売却できないことになります。
売主名義ではない不動産を売却できるとなると、他人名義の不動産も勝手に売却できてしまうので、これはわかりやすいでしょう。

この相続不動産の名義変更をする登記手続きのことを、相続登記と呼びます。
相続にあたり相続登記は必須ではありませんが、相続したからといって、自動的に相続人に所有権は移転しないので注意が必要です。

また、相続登記をしないで売主に所有権が移転しないまま、不動産を売却するための行動を起こすこと自体は可能です。
売却目的で不動産会社に査定を依頼したり、買主を探すこともできますが、売買契約を締結してくれるかといえばそれは別です。

そこで、買主が決まってから相続登記をしようと思っても、相続人が複数人いる場合にはスムーズに事が運ばない場合もあります。
遺産分割協議で売主の名義にすることが決まっているならともかく、共有名義として相続登記するなら売主も連名でなくてはなりません。

後々トラブルにならないよう、相続人の意思が統一できているうちに先に相続登記を済ませて、所有権の所在を明らかにしておくのが得策です。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.