不動産コラム

不動産売却のポイント:交渉の余地を残した価格設定を設ける

不動産の売り出し価格というのは、あくまでも売主の希望であって、その値段でなければ売らないという性質を持っていません。
買主にしても、交渉で金額を下げてもらわないと買えないような物件でも、オファーをしてくることが十分考えられます。

こうした不動産売買の性質を理解しておかないと、売り出し価格で失敗して希望する金額で売れないという事態が起こります。

固定の金額に固執してしまうのは、交渉で価格が変動する不動産売買においては賢いやり方とは言えません。
自分の希望価格を最高価格にし、それ以下ではどうしても売ることができない最低価格を設けておきましょう。

そうすることで、最高価格でのオファーに対し、最低価格までの間で交渉することが可能です。
最低価格を割り込んだときに、どうするかはその時の状況にもよりますし、決めた最低価格を守って交渉決裂でも仕方がありません。

余りにも相場とかけ離れた売り出し価格は、そもそも買い手が付きませんが、売り出し価格は希望の最高価格にできるだけ近くしておき、最低価格より高い金額で交渉がまとまるようにするつもりで臨みます。

買主から見た売り出し価格というのは、単なる最高価格に過ぎませんから、価格が下がることを見越して交渉が始まります。
うっかり売り出し価格を最低価格に近いところで設定すると、簡単に最低価格を割り込んでいつまでも売ることができません。

例外は売却を急いでいるときで、できるだけ早く交渉をまとめるために、最低価格に近い売り出し価格にすることで買主が集まりやすくなります。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.