不動産コラム

不動産売却のポイント:自宅の履歴書「修繕履歴書」を作成

住宅において、建設から今までどのように修繕されてきたかというのは、言われなくても売主側から報告すると買主からの印象が良くなります。
新築の場合には、不動産会社から物件について細かい説明がありますし、新築はスタート時点なので住宅の履歴は必要はありませんが、中古住宅においては、買主には物件の詳細を知る権利もあります。

そこで、購入してから今までの履歴を「修繕履歴書」として作っておき、買主が現れたときに書面で説明できるようにしておきましょう。
国土交通省でも、不動産の売主には建物の過去の履歴や隠れた瑕疵などを、売主の協力を得て買主に渡すことが望ましいとしています。

決められた内容というのはありませんが、住宅に関わる内容であれば、何でも記録しておくのが正解です。

例えば、新築時の施工に関する図面などの情報、増改築があればそれによってどのように変わったか、修繕はどこをいつ行ったのか、頼んだ業者はどこなのか、大きな地震があったときの記録など、考え付く内容は多くあります。
中古であれば、もしわかれば過去の所有者の利用状況、築何年に買い現在までにどのように使用してきたか、購入した際の重要事項説明書なども考えられます。

これらを時系列にして、履歴書を作っていき、買主に情報として渡してしまうのです。

買主が全ての情報を欲しいとは限らなくても、知りたい情報が含まれていればそれでいいので、思いつく限りでリストアップしてみましょう。
手間の掛かる作業ですが、売買において信用を得るためには、こういった配慮を忘れてはなりません。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.