不動産コラム

不動産売却の時期:売りが先の場合

不動産売却において、買い替えが前提で売りを先に検討している場合、その最大のメリットは売却金額を次の不動産購入の資金に充てられるため、潤沢に資金を用意できる点です。
次の不動産を購入する際に、手持ち資金を把握できることで、対象になる不動産を決めたり、頭金やローンなどの購入計画などが決められやすいのは大きいでしょう。

また、売れてから次を買うということは、売り急ぐ必要はないため、その時の相場価額に近い金額で売却できますし、住宅の場合には、例え成約に至らなくても住む家として残っているので安心できます。

しかし、土地ならそれほど考えないにしても、現在住んでいる住宅を売りに出す場合には、売りを先にするとそれなりのデメリットもあります。

売れてから次に買う住宅が決まらないと、引渡しの後は、どこかに仮住まいをしなければなりませんよね。
仮住まいといっても、売る一戸建てやマンションから家具を移せるだけの比較的広い部屋を借りる必要が出てきます。

賃貸住宅を契約するとしても、買うまでの短い期間の契約というのは実に不経済で、短い期間だからといって仲介手数料や敷金などの諸費用は安くはなりません。
こうした引越し費用は、一般に数十万円は掛かります。

更に極めつけなのが、引越しを2回しなければならないことです。
大きな家具や家電製品は引越し業者に頼むとしても、荷物をまとめる作業だけでなく、住民票の移動や郵便局への連絡、さまざまな住所変更の申請などを短い間に2度行う必要が生じます。

このように、売りを先にした場合、次がすぐに買えないと無駄な費用と手間が発生することは考えておきましょう。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.