不動産コラム

不動産売却の時期:買いが先の場合

不動産売却の前に次の物件を買う場合、手持ちの不動産については売れるかどうか確定していないのですから、購入資金が少ない状態で物件を買う検討をしなければなりません。
資金に余裕があれば良いですが、やはりローン金額が大きくなって支払いが増えてしまうというのはデメリットでしょう。

また、先に買って、もし手持ちの不動産が売れない場合、2つの不動産に掛かる維持費を負担しなければなりませんし、ローン残債がある場合には2つのローンの支払いは負担になります。
売るタイミングを逃してしまうことで、不動産価値が下がることも考えられ、資金的な計画が見込みどおりに進まない可能性があります。
そこでありがちなのが、どうしても不動産を売りたいがために、あせって値段を下げたり買主側に有利な交渉をしてしまい、大きく売却損を出してしまうケースです。

一方、先に買うことのメリットは、特に住宅において顕著に表れます。

一番大きいのは、買いたい住宅が無くても住む所が常にあるという点でしょう。
購入したいと思う条件の物件が現れるのを待つことができますし、購入してしまえば、売る住宅についても特別な事情がない限り高く買ってくれる買主をじっくりと待てます。
また、買った住宅への引越しは、売る住宅の引渡しまでに行えばよいので、精神的な余裕も生まれます。

つまり、先に売る場合に比べて先に買う場合は、資金繰りが大変になりがちですが、時間的な制約が少ないといえます。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.