不動産コラム

不動産売却の豆知識:競売と任意売却の違い

競売と任意売却は、どちらも不動産を担保としたローンが支払えなくなったときの、不動産の売却を目的とした方法です。
ローンの担保となる不動産には、抵当権が設定されているのをご存知でしょうか?

ローンが支払えないのですから、お金を貸した側(債権者)は、何としてでも残債を回収するために、不動産を換金しなければなりません。
そのとき、お金を借りた不動産の所有者(債務者)の意思にかかわらず、不動産を差押えるために利用されるのが抵当権です。

競売というのは、抵当権者(通常は債権者)が裁判所に申し立て、不動産を差押えて裁判所経由で強制的に売りに出すことです。
競売は入札で行われ、最高額の入札者が落札するとはいえ、裁判所から依頼された不動産鑑定士が最低売却価額を算出しますので、金額は一般的に市場価値よりもかなり安くなります。

ここまでが、通常の債権回収の流れになりますが、債権者は少しでも多く回収したいのは当然ですよね。
そこで利用されるのが任意売却ということになります。

任意売却は、ローンが支払えなくなってから競売が開始されるまでの間に、債権者と債務者の合意の上で不動産を売却する方法です。
競売とは違い、買い手側から見ると通常の不動産売却とあまり変わらないため、市場相場に比較的近い価格での売却が可能になります。

ただし、債権者と合意の上といっても、いつまでも売れるのを待ってはくれないため、任意売却の場合には期間が限定されてきます。
また、売却見込み額が安く、競売を取り下げてまで任意売却にする価値がないと債権者が判断すれば、任意売却は行うことができません。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.