不動産コラム

不動産売買契約書の重要性

不動産売買では、必ずと言っていいほど売買契約の際には売買契約書が作成されます。

本来、売買契約は、当事者間の意思があれば口頭でも有効に成立しますし、売買契約があることすら意識しない場合もあります。
典型的な例は、スーパーやコンビニで商品を買うときですが、売るために陳列してある商品を(買うために)レジに持っていき、そして従業員は代金を受け取る前提でレジを打ちますよね。
この時に会話すらないとしても、暗黙的に売買契約は成り立ち、客が代金を支払って商品を渡すことで契約は完了して消滅します。

不動産売買でも同じように、代金を支払って物件を引き渡す流れは同じですから、実は売買契約書は必須ではありません。
しかし、単なる店頭販売とは異なり、不動産売買では特約が付いたり、期日や金額について取り決めがあったりと複雑な契約になります。

そこで、後日のトラブルを避けるためにも、書面として売買契約書が作成されるのです。
売買契約書に限らず、契約書や協議書といった書面を作っておくことの最も大きな理由が、証拠としての価値です。

当事者が合意の上で作った契約書ですから、当然に当事者には取り決めに対して履行義務があります。
もし契約違反をすれば、契約が解除になるばかりか、違約金すら発生しかねません。

契約を守らない相手には、売買契約書に記載があることを理由に追求できますし、不動産売買後のトラブルというのは実に多くあります。
売買契約書に記載しなかったために、争いが激しくなることもあるので、売買契約書はとても重要な役割を果たしています。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.