不動産コラム

世の中にはお金持ちが溢れている

世の中にはお金持ちが溢れている。
都心の高速道路を走れば1000万前後の車は当たり前。
数千万するスーパーカーが追い越し車線を高速で追い越していく。
最近のお金持ちは年代が若くなっている。
若くして数十億の資産を持っているなんてのも珍しくはないようだ。
世の中は変わった・・・
私のような高齢者はもうついていけない。
ついていこうと思うから無理がある。
ま、我々の年代は我々の生き方をしていけばいい。
さて、我々から見れば羨ましいような
昔からの代々の資産家でも、
自分の代で成功して一代で財産を作った資産家でも、
一定以上の資産があれば、
次の世代、
そしてその次の世代のことを考えて
自分の資産を有効に使うことを考えるもののようだ。
「今が良ければそれでいい」
そんな考え方は
もともと持って育っていなかったり、
とうの昔に捨て去ってしまっているのだ。
今のお金持ちは何しろ皆さん賢い。
「子供に残すことなんか考えない」
そんな虚勢を張ってカッコをつけて言い張っているのは
現実には残したくても残せない人ばかりだ。
子供やその子供に
未来のために資産を残してあげることは
決して悪いことではない。
しかし、大きな遺産を残してもらったがゆえに
働く必要も意欲もなくなってしまったり、
そのお金が原因で人生を誤って棒に振ってしまったんでは、
残したほうだって悔やんでも悔やみきれない。
大きな資産はそれをもっていい人と、
そうでない人がいるようだ。
資産を残すなら
残してあげれば相手もよくなることを前提に判断するべきだ。
自分の子供や孫に残すならば、
残しても大丈夫なようにしっかりと教育を与え能力をつけるべきだ。
それが、昔からお金持ちの家で引き継がれていく教育なのだろう。
「親の貧困による教育格差は子供の貧困につながる」
これは最近頻繁に言われることだ。
働かない親を見て育てば、
子供も働かないようになるのは想像に難くない。
まったく勉強をしたことがなかったり
学ぶことにまったく興味を持たない親を見て育てば、
勉強に意欲を持たない子供に育つのも無理はないのかもしれない。
子供に残す遺産は、
まずは親の生き方を見せることと、
十分な教育を与えること。
そしてできるなら最後に多くの資産を残してあげることだ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.