不動産コラム

人生後半、先ずは何をやりたいのか・・・  その⑧

国内でも海外でも、
何日も一人で旅に出れば何が起こるか分からない。
ましてやこの年齢になれば体力にも限りがある。
さて、家内との約束の、
「私が万一、海外で死んでしまった時に備えて・・・」
信頼できる何人かに会社と個人の資産、
その整理の手順をしっかりと頼んでおかなくちゃいけない。
その手順はきちんと文章にもして残しておこう。
こうなったら今取り組んでいる最大の案件も少しでも前倒しで完結させよう。
取り敢えず来年の春までに一通りのことに目途をつけておきたい。
そんな訳で色々と状況が変わるのはありがたいが忙しくなるな。
しかし、最近つくづくと感じるのは、
60代ってのは気持ちの持ち方次第で、
夢だって生きがいだって
あらためて持つことができるんものなんだということ。
この年齢になれば親だって80代後半。
自分自身に残された時間が減っているというのに、
家族のことであらゆる行動ががんじがらめに縛られる。
特に私はかなり責任感の強い典型的A型人間だからいい加減ではいられない。
これがあと10年続けば、
もう間違いなく私自身が思うように動けない一人前の高齢者だ。
子としてやっぱり無責任なことはしたくないが、
自分の人生にも責任を持たなくてはいけないんだよな。
やりたいことをできなかった理由を親や家族のせいにしたんでは誰も喜ばない。
後悔だらけで未練を残してあの世へ行くのはやっぱり避けたい。
したがってある程度の調整と思い切った割り切りをするしかない。
半月を越えるような長期間の留守はどうしてもできないけれど、
そろそろそれなりに割り切ってあまり自分を縛りすぎないことにしたい。
さて、いろいろと考えてくると、
余裕をもって遊ぶために小遣いをもっと稼ぎたいなという気になってくる。
つまり、有り難いことに
これからも、もっともっと仕事を続けたくなる理由もできてくるということだな。
海外の釣り旅行の為に1回あたり50万~100万。
年に2回として100万から200万と言うところか。
その他にも普段の国内の釣りにもお金はかかる。
ま、釣りの為だけの小遣いを年に300万も余分に稼げば充分か・・・
何しろ酒を飲み歩かなくなったから小遣いは余ってるのがこの年代だ。
ま、私が働き続けるということは結果的に会社がこのまま続くということだ。
いったい何のために?
誰の為に?
働き続ける理由は人それぞれだが、
やっぱりそれは沢山あったほうがいいんではないかな。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.