不動産コラム

人生後半、先ずは何をやりたいのか・・・  その⑨

30年も昔の話で申し訳ないが、
20代後半から30代の後半のバブルがはじけ散るまでの10年間。
恥ずかしながら成金だった若い頃の私がのめりこんでいた海外の釣りの世界。
毎年、年間3回は通った贅沢三昧の海外の釣り旅行。
考えてみればその当時の同行の仲間はもうほとんど天国へ行ってしまった。
1回の釣行が1週間から10日間の日程で、
世界中から金持ちの釣り好きが集まる釣り専門の高級ロッジ。
釣り専門ガイドが毎日同行する高額の費用が掛かるなにしろ贅沢な釣りだ。
ロッジには仲間の日本人のほかは外国人のお金持ちばかりで賑やかだ。
実質、ロッジに滞在して釣りをするのは4泊5日から5泊6日くらい。
長いもので7泊8日。
安いところでも50万コース。
高額のところでは現地のロッジから釣り場への移動が毎日セスナ飛行機。
そんなところは当然のこと費用は跳ね上がり100万前後の贅沢コースだ。
こんな釣りばかりだから、
日本から同行するいつもの仲間はみんなそれなりの年齢のお金持ちばかりだった。
毎年通い続け何年か経った頃には専門のツアー会社に
仲間で揃って結構な額の出資までしていたんだから半端な遊びじゃなかった。
みなさんその当時、私より20歳以上年上だったから
今は間違いなく既に釣りにも行けなくなっただろう80代後半。
既に殆どが天国に釣りに行っていても決して不思議ではない。
さて、気が付いてみれば
その頃の年上の釣友達の当時の年齢に私もいつの間にかなっていたという訳だ。
あの釣友たち、
夕方まで一緒に釣りをして朝はまた4時起きだというのに、
迷惑にも毎朝夜中の3時には起き出してガサゴソと荷物の準備を始めていた。
寝ない人間…いや眠れない年代の高齢者だった。
ま、白夜と言われる夜の無い夏のアラスカだから不思議ではないかな・・・
もっとも、釣りの最中に船の上で居眠りをしているのは珍しくなかったけれど・・・
そして気がつけばいつの間にか私もそんな年代になっていた訳だから、
そこでますます心配になってくるのは年齢からくる体力低下の問題だ。
さてそこで海外の釣り旅行のいいところがものを言うというわけだ。
費用は前述のように高額だが、
行った先の釣り専門ロッジでは黙っていても美味しい朝晩の食事が出てくるし、
釣りに出かけた先ではガイドが食事の用意をしてくれる。
ロッジでは必要なら洗濯だってしてもらえるから楽だ。
そして釣り場への移動はすべてガイドのライセンスを持ったプロのガイドが、
車・船・飛行機でどこへでも乗せて連れて行ってくれるんだから高いのも納得だ。
考えてみればあの仲間たちと同じ我儘放題を私も言うようになったと言うことで、
やっぱり高齢の釣り師には正にうってつけの贅沢旅行だったのだ。
実は我々の行く釣り場は観光客なんか一人もいない凄い奥地ばかり、
そんな大自然の中での釣りは危険も多く、
この経験を積んだ現地のプロのガイドのサポートが絶対に必須なのだ。
熊もでるから、彼らはライフルやマグナムなど強力な銃を常に携帯している。
当時の私は特別に銃に興味はなかったが誰もいない大自然の中で、
あのダーティハリーで知られたマグナム45を撃たせてもらったことが記憶にある。
さすが銃大国アメリカだが、
平和主義の私には自分で銃を持ちたいとか撃ってみたいという欲望は今もない。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.