不動産コラム

今年も残り3週間ほどで年末年始休業

早いもので、
今年も残り3週間ほどで年末年始休業になる。
例年通り12月27日から新年の4日までの9日間を休業させていただき、
新年の営業は5日からとなる。
有り難いことに毎年年末になってもギリギリまで様々な取引が続くが、
この時期に新年1月分の売り上げ入金予定を確保しておくことも大切で、
幾ら11月・12月が忙しくても1月・2月が暇では商売は成り立たない。
商売は何と言っても毎月・毎月安定して売り上げがあるのが一番有り難い。
しかし不動産業と言う商売は昔から不安定で知られている。
だから、街の至る所にある不動産の店舗は新規開業も多いが廃業が多く、
世間から思われているより新陳代謝は激しいと言え、
「楽でいいよね」とか「儲かっていいね」
とか言われる現状とはかけ離れていると言えるかもしれない。
そんな不安定な商売の形態から脱出するのが、
まともな不動産会社の経営者の昔からの最重要の課題だ。
しかし、この不動産業と言う商売、
時々”神風”が吹くからいけない。
昨日まで借金に追われて真面目に大人しくしていた不動産業者が、
ある日突然吹き始めた”神風”で一転して羽振りが良くなることがある。
それがあるから、多くの不動産業者は安定経営を本気で考えなくなるのだ。
毎月・毎月。
毎年・毎年。
そんなに大きな違いもなく売り上げを
長年にわたって確保し続けている当社のような不動産会社は珍しい。
ま、減りはしないが増えもしないのが唯一難点と言えば難点だが、
そんな贅沢を言っちゃ罰が当たるというものだろう。
しかし、売り上げは安定していても、
決して内部に何も変化がないわけではない。
会社や商店の経営において長期にわたる現状維持ほど難しく険しいものはない。
世の中は常に変化し続け、
時によっては対応を間違えれば致命傷を負う場合さえある。
それに迅速に対応していなければ売り上げはいつ激減しても不思議はない。
さて、どこの会社やお店でもその規模が小さい場合、
社員は新陳代謝が激しいのが常だ。
幸運にも社員に恵まれて長く務めてもらえたとしても、
人は誰でも確実に年齢を重ねていくもの。
信頼感の厚いベテランぞろいはとても良いことだが、
若い社員も常に加えていかないとそれをしないことによるマイナスもあることを、
経営者は常に認識しておかなくてはならない。
つまり現状維持にはコストが常に上昇している苦しさが伴うのだ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.