不動産コラム

住宅ローンの審査のポイント:雇用形態と勤続年数

住宅ローンに限らず、借金をする前提の契約(クレジットカードやカードローンなど)では、申込者の雇用形態と勤続年数は、審査における信用度の指標として考慮されます。
収入を無視して端的に考えれば、最も信用度の高いのは公務員や大企業に勤める人で、信用度が低いのは契約社員や派遣社員になるでしょう。

要するに、雇用が安定していない=無収入になって返済ができない可能性が増すという考えから、申し込みができなかったり、申し込めても借入限度額が少なかったりという制限を受けます。

自営業はどうなるかというと、自営業の場合には会社勤めよりも安定度は低いと見られています。
例えば、給与所得者で申し込みに300万円の税込み年収が必要なら、自営業の場合は300万円の所得(経費を差し引いた金額)で判断するなどといった基準を設けている事例が実際にあるので、若干の差ではありますが自営業者は審査に不利を受けるようです。

一方、勤続年数については長ければ長いほど有利で、この点は揺るがない条件です。

金融機関が求めているのは、安定した定期的な収入による返済であって、そのためには継続的に勤務していることが第一条件です。
転職によって勤続年数が短い場合も当然あり得ますが、審査する側から見ると、転職して勤続年数が短いということは将来も転職の可能性があり、収入の不安定さに繋がるという点でプラスにはならないでしょう。

それでも転職した先が、安定した業績の信頼ある企業であれば、また少し話は変わってきますから、雇用形態、勤務先、勤続年数、収入といった総合的な判断をされるということです。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.