不動産コラム

住宅ローンの返済:何年返済にするか?

長期間借りることが前提の住宅ローンでは、返済期間を何年にするかというのは、総返済額に影響する大きな要素になってきます。

同じ金額を借りる前提で考えると、返済期間が長ければ総支払額が増え毎月の返済額は減ります。
逆に返済期間を短くすれば、総支払額は減り毎月の返済額は増えますから、毎月支払える金額によっても返済期間は変わってきます。
毎月払えない金額では借りられませんので、返済期間が長い方が借りやすくなるのは当然の理屈ですよね。

返済期間を決める時に必ず考えなければならないのは、いつまでなら返済できるかという点です。

借りた時点の年齢にもよりますが、将来まで無事に勤めることができたとしても、定年退職までの期間を目安に考えないと、年金生活になってから住宅ローンを支払っていくのは金銭的に難しい面があります。
また、病気や他の理由で、いつ退職することになるかわからないので、誰でも極力短い期間で返済を終えたいと考えます。

しかし、返済期間が短いと月々の負担額が増えることから、短くできる限度というのは必然的に決まってきます。
そこで考えるのが、毎月の支払額から逆算して返済期間を定める方法です。

この時に、毎月返済する金額を、実際に返済できる額いっぱいまで設定すると、急な出費に全く対応できず生活が成り立ちませんので、若干でも余裕を見て返済額を決めるのがコツです。
毎月返済できる額が決まれば、後は借入金額によって返済期間は決まってきますので、資金計画が立てやすくなります。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.