不動産コラム

住宅ローンの金利:固定金利型

住宅ローンの金利タイプの中で、金利の上下による影響を受けないのが固定金利型です。

金利の影響を受けないということは、金利が下がっても返済額が変わりませんから、低い金利の時に契約当初の高い金利で支払い続けるというデメリットが生じる可能性も考えられます。
そのため、固定金利型は金利が低い時に選択するのが最も効果の高い方法です。

仮に考えているよりも更に金利が下がった場合、金利が下がった時点で借り換えをし、低い金利の固定金利型ローンにすることで回避も可能です。
その場合であっても、当然、元のローンの繰り上げ返済手数料や、新たなローン契約時の費用が掛かりますので、借り換えによる効果がどのくらいあるか試算してから検討した方が良いでしょう。

他の金利タイプに比べ固定金利型は金利が高いので、契約当初の支払いは高額になる傾向があります。
しかし、長期間で見た場合に、他の金利タイプのローンより損をするかといえば必ずしもそうではなく、むしろ総額は固定金利型の方が安く済む場合も多いのです。
もちろん、金利の影響を受ける他の金利タイプでは、実際に時間が経過しなければ結果がわからないので、事前に判断できる訳ではありません。

固定金利型は、月々の支払額も支払い当初から確定しているので、将来の資金計画を立てやすく安定的な返済が可能になるというのが最大のメリットです。
家計に対して、支払える額から少し余裕を持った月々の返済額の固定金利型の住宅ローンを組むことで、子供の成長や親の介護など出費が予想される状況にも対応できます。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.