不動産コラム

住宅ローンの金利:変動金利型

変動金利型の住宅ローンでは、半年ごとに金利の見直しがされ、金利の変動によって返済額も変わってきますが、返済額については5年間は固定となっています。
勘違いしやすいのは、固定となるのは金利ではなく返済額であるという点です。

従って、返済額に対する元本比率は、金利改定ごとに変わり、金利が低ければ元本がどんどん減っていくので、市場金利が低い時には利用したい金利タイプです。
その代わり、金利がどんどん上昇していくと、ほとんど元本が減らなくなっていくばかりか、月々の返済額が5年間固定であるために、利息が返済額を超えてしまう「未払い利息」と呼ばれる事態が発生するリスクが伴います。

5年間の返済額固定期間が終わると、次の5年間は返済額が大きく増えるかといえば、25%増になる金額までしか返済額は上がらないので、急に支払えなくなるということは無いでしょう。
しかし逆に考えると、金利に従った返済額にもならないために、25%を超えてしまった部分は単に借金として残ります。

一方で変動金利型にするメリットは、何といっても特に借入時の金利の低さにあります。

住宅ローンを扱う金融機関では、優遇金利といって金利の引き下げをして契約を促進させようという競争が激しくなっています。
しかし、優遇金利は始めの5年間だけといった限定的な条件が多く、優遇金利が終了すると途端に金利が高くなってしまうパターンが多くあります。

そのため、変動金利型はリスク回避として、金利が低いうちに繰り上げ返済が可能である、借入期間が比較的短いという場合に選択するのが良いとされています。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.