不動産コラム

住宅ローン選び方

住宅ローンは、長期間に渡って金利が発生するので、どうしても支払い総額は元本に対して非常に大きくなります。
しかし、元々自己資金が不足して住宅ローンを利用する事情と、営利目的で金銭を貸し付ける企業活動から、利息の支払いは免れるものではありませんよね。
そこで住宅ローンを選ぶ時には、総返済額、金利、月々の返済額といった面を総合的に考えて判断しましょう。

まず、公的住宅ローンと民間住宅ローンのうち、安定収入以外の一定の要件が必要なローンについては適用となるか確認をしなくてはなりません。

例えば、財形住宅融資は財形を行っている企業に勤めていなければ受けられませんし、フラット35は住宅技術基準を独自に定めています。
こうした要件から外れている場合には、そもそも申し込み資格がありませんので除外しておきます。

次に、金利による違いを考えてみます。

住宅ローンの金利には、大きく分けて変動金利型、固定金利選択型、固定金利型という3つがあり、それぞれメリットもデメリットもあります。
固定金利型以外は金利次第で大きく返済額が変わってくるので、一般的なセオリーとして安定した固定金利型を選ぶのが良いとされています。

しかし、個々の返済プランも違えば将来設計も違ってきますので、必ずしも固定金利型が有利であるとは限りません。
唯一、金利という予測が困難な要素に振り回されるのを避けられるという点は、固定金利型の選択でしか得られないため、借りる時点で返済総額を確定させたいのならば固定金利型の一択です。
住宅ローンを取り扱う金融機関は、ホームページなどで返済額シミュレーションができることが多いので、固定金利型で大体の返済イメージを掴んでおくのも良いでしょう。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.