不動産コラム

住宅工法の種類と特徴:ツーバイフォー工法(木造枠組壁工法)

名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんが、ツーバイフォー工法は木造枠組壁工法という住宅工法の一種で、ツー(2インチ)×フォー(4インチ)の断面になる木材を主に使用することが名前の由来となっています。
日本にツーバイフォー工法が入ってきたのは明治頃と言われ、元々はアメリカにおいて主流の住宅工法です。

在来工法が木造「軸組」工法であるのに対し、ツーバイフォー工法が木造「枠組壁」工法であるのは、両者の工法の最も特徴的な違いでしょう。
ツーバイフォー工法では、壁が建物の強度を決める重要な部材であるのに対し、在来工法では軸である柱や梁が強度を決めていきます。

材料が決まった規格に沿っているため、調達がたやすく、組み立てる時にも手順があってとても合理的な工法です。
各部品は工場で作られ、組みたての現場を見ると、まるで巨大な模型を作るように組み上げられていきます。
そのため、施行者の技術にあまり差が付かないと言われ、ツーバイフォー工法ならどこのハウスメーカーでも一定の水準は得られるというメリットはあります。

また、ツーバイフォー工法は、柱ではなく壁によって家を支える構造であるため揺れに対して強いとされており、耐震基準が変わった建築基準法改正前に建てられた在来工法に比べると、ケースバイケースですが、概ね耐震性において優れた性能を発揮しています。

ただし、ツーバイフォー工法では、家を下から順番に組み上げていくために、在来工法と違い雨をしのぐ仮の屋根を付けるということができません。
木材ですから、湿気を帯びたままでは腐食も心配され、途中で雨が降ると乾かすのに時間が掛かってしまいます。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.