不動産コラム

住宅工法の種類と特徴:在来工法(木造軸組工法)

在来工法(木造軸組工法)は、日本で最も多く見られる住宅工法で、いわゆる大工さんが柱、梁と呼ばれる木材を組み立てて家を建てる伝統的な工法です。
いろいろな住宅工法が日本にも入ってきましたが、依然として在来工法は主流で、工法としての施工内容も徐々に変化してきました。

以前と違い、現在は建築基準法の改正から耐震基準が見直され、強度が基準を満たす場合を除き、筋交い(すじかい)と呼ばれる、柱と柱の間に斜めに入れ耐震強度を上げる部材を入れることが義務付けられています。
そして、筋交いは金物(ボルト、かすがい、釘など)によって柱等と繋ぎとめなくてはならず、柱や梁もそうですが、この金物が緩むと将来きしみやゆがみを生じてしまいます。

また、使用する木材についても、接合する場合に現場で端を特殊な形状に加工し、組み上げていく方法が普通に行われていました。
年配の方なら、大工さんが家を立てていく様子と、木材の加工の際に出る独特の香りやおがくずの山を覚えていることでしょう。

しかし、このような従来の工法では、大工さんの腕に影響される部分が大きく、仕上がりにバラつきが生じすぎる嫌いがあります。
そこで現在ではプレカットといって、予め工場で加工された木材を使い、組み上げをメインに行うようになってきました。

もはや、棟梁と呼ばれるような職人気質の大工はごく限られた存在でしかなく、伝統的な在来工法であっても合理化の波は押し寄せていますが、それでも在来工法は施行者の技術によって仕上がりが大きく変わってくる傾向があります。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.