不動産コラム

何もかも税金がかかってくる

小さな会社を経営していると、
社長が会社に現金を貸し付けることが頻繁に起きる。
実際に現金を貸し付けるだけでなく、
毎月の給料が資金不足で貰えなかった場合等も
社員に給料を遅配する訳にはいかないのでそれを優先し、
結局、資金不足で貰えない分を
社長がまた会社に貸し付けること形になる。
そんなことを積み重ねていくうちに
いつの間にか社長が会社に数千万円の貸し付けを持つようになる。
この貸し付けが会社の利益から回収できればいいのだが、
それが出来ないままに万が一社長が急死してしまった場合、
この貸し付けは、
社長個人の会社に対する債権として相続財産になってしまう。
回収できるかどうかも分からないお金だが債権として相続をすれば、
当然のこと相続税を払わなくてはならなくなる。
結局は全てがマイナスで相続放棄をする場合は良いが、
他にも遺産があって仕方なくそれも相続をする場合は
相続人の大きな損になる。
多くの人が長生きする時代にはなったが、
昔から経営者と言うものは
傍から見える以上に体や精神を痛めつけている場合が多く、
働き盛りで急死する例が経営者には意外に多いのだ。
その場合に備えて手を打っておくことはとても大切なことだ。
それから、万一の為に会社で社長に生命保険をかけていても、
その保険金は会社の収入になってしまいこれにも税金がかかる。
「何もかも税金をかけやがって」
と、言いたくなるが国が相手では勝てない。
経営者は50代・60代になったら
自分が急死することだってあることを想定してあらゆる準備が必要だ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.