不動産コラム

何をやってでも家族を食わせていける力こそが

最近は年齢的にも頑固になってしまって
もうそういうわけにも行かなくなったが、
私は若い頃からいろんな意味で器用な人間で、
いざとなればどこででも、
何をしてでも生きていけると自信を持っていたものだ。
何処へ行ってもそれなりに順応してしまうし、
好き嫌いはあまりないから何でも食べ何でもやって楽しんでしまう。
子供の頃に引っ越しを何回もした経験もきっと役に立っていたし、
何と言っても家がまあまあ裕福で何かに不自由を感じた経験がなかった。
だから変な意味で
他人に引け目を感じることも嫉妬を感じることもあまりなかった。
それが幸いして何処へ行ってもすぐに友達が出来たし何でもやれた。
バブル後に事業が危機に瀕した時でも
それまでにやってきた様々な店舗の経験からも
不動産業に限らず何をやってでも家族を食わせていける」
と言う自信を無くすことはなかった。
私の何の裏付けもない自信みたいなものは、
きっとどこでも何かをやれる人間力と言えるものかもしれない。
人間力にも様々な意味があるようだが、
昔からよく言われるのが、
ある会社で出世して肩書もあり一定の発言力や決定権限も与えられた人が、
新たな可能性を求めて早期退職や起業で会社を離れてみたら
一人では結局巧くはいかず失敗をしてしまう例。
「あの会社ではあれだけ仕事が出来てたのに・・・」
会社の組織で周りの仕組みや人材に支えられてできた仕事が、
思い切って外へ出てみたら、
実はたった一人では何も巧くはいかなかいことを思い知らされる。
家庭で言うならば、
カミさんのお陰で安心して外へ出て働けたことを忘れ、
一人でもどうにかできると
別居や離婚をしたら何もかもが上手くいかなくなった。
自分が会社の組織やカミさんに支えられていたことを、
それを無くしてみて初めて悟るのだ。
退職後に無理して起業などしなくても、
ごく当たり前のおじさんや爺さんになってしまった時に、
そこでも存在感を維持することが出来る人間であるかどうか・・・
現役時代に人間力を蓄えることが出来たかどうかは、
もしかしてその後の人生を左右する重要なことかもしれない。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.