不動産コラム

借り換えできない場合とは?

住宅ローンを借り換える時には、元のローンについては完済が絶対条件になります。
そうしないと、新たなローンを取り扱う金融機関が、住宅に担保としての抵当権を設定できず融資もできないからです。

この時に問題になるのは住宅の担保としての価値で、住宅の価値が購入当初より大幅に下落して既にローン残債より低い場合、その時点で住宅を担保にした新たなローンでは、元のローン残債を支払いきれません。
なぜなら、担保となる住宅の価値以上にお金を貸してくれる金融機関はどこにも無いからです。

従って、借り換えできないというよりも、ローンだけでは資金が不足するため、借り換えるために自己資金を用意することになるでしょう。

ところが、元のローンと新たなローンに大きく金利差があるならともかく、用意した自己資金を元のローンの一部繰上返済にした場合の効果と、新たなローンで借り換えた場合の効果を比べた場合、借り換えることによるメリットが全く失われるというケースも考えられます。
更に、借り換えローンでは諸費用も多く掛かりますので、自己資金で用意する金額も多くなり、メリットはどんどんと失われていきます。

また、本当に借り換えできないのは、借り換えるまでに元のローンを滞納するなど、信用情報に傷を残すような履歴があっては借り換えローンの審査に通りませんし、元のローンを申し込んだ時点より、収入が下がり過ぎていても難しいでしょう。
この辺は、借り換えローンだからというよりも、ローンを申し込む時の一般的な共通事項なので、最低条件としてクリアしておく必要があります。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.