不動産コラム

借り換えの活用法

住宅ローンは常に金利の影響を受けるため、金利が高い場合には返済期間の途中で借り換えるという選択も考えなくてはなりません。
借り換えというのは、別の金融機関へ新たにローンを申し込み、融資されたお金で現在のローンを完済するという手段です。

しかし、住宅ローンが残っていると、住宅に抵当権が付いていますから、ローンを完済しなければ抵当権は外れず、新たに住宅を担保としたローンは組めないことになります。
正確に言えば、抵当権を外さなくても順位の低い抵当権を設定できますが、これに応じる金融機関は無いので、結局完済して一度抵当権を外し、第一順位の抵当権を新たに設定します。

借り換えローンでは、借り換えた後の負担が、借り換える前より少なくなければ意味がありませんよね。
ですから、金利の低いローンに借り換えるのは当然としても、それ以外に掛かる諸費用を考慮しておかなくては、借り換えをうまく活用したとは言えません。

借り換えローンであっても、住宅ローンであることには変わりないので、元のローンと同じような諸費用は発生します。
しかも、元のローンに対する繰上返済手数料や、解約手数料なども掛かるため、実は借り換えというのは諸費用面では無駄が多いのです。

こうした諸費用を合算してみて、借り換えによって減ったローンの支払額と相殺した時に、差益が出なければ借り換える意味は無く、しかもその差益はすぐには取り戻せずにローンを支払い続けることで少しずつ取り戻すので、借り換えというのは諸費用の負担が金額に比べて大きく感じられます。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.