不動産コラム

借金の多ささえもが自慢の種にしてしまうんだから・・・

不動産屋さんてお金持ちなのよね」
不動産業者は昔からそう言われることが多かったようだ。
現実に昔の不動産屋さんは地主も多かったし確かに金持ちが多かった。
大きな家に住んでいたし高級車に乗っていた。
ある意味ハッタリが必用な商売であったのも確かなようだ。
だから、その時代を生きてきた私の年代や
それ以上の不動産会社の経営者は見栄っ張りが多い。
豪邸に住み高級車に乗って金無垢の重い時計を腕に付けて、
「借金は財産」「借金の多さは信用の証」などと、
借金の多ささえもが自慢の種にしてしまうんだから手に負えない。
そんな経営者をいっぱい見てきたし、
恥ずかしながら自分自身もそんな時代があったという反省から、
最近は誰に対しても見た目や身に着けた贅沢な物など全く無視するし、
私の経営者に対する本当の金持ち度の見極め方は意外に厳しいし正確だ。
昔から「すごい景気がいい」「儲かっちゃって儲かっちゃって」なんて、
威張った事をやたらと言う経営者はあまりあてにならない。
何故ならこんな経営者に限って厳しい状態に陥っても
「今は景気が良くない」とは決して正直には言わないものだからだ。
一般的に零細企業や商店は
世の中の変化や景気に左右されることが多く売り上げの変化が激しい。
笑いが止まらないほどに景気の良い年があるかと思えば、
全く手の打ちようがないほどに売り上げが落ち込むこともある。
幾らいい月があってもその前後に悪い月があれば経営では利益など出はしない。
目立つところほどたったの1年の業績下降で破産する会社や商店が多いのだ。
例え程々でも確実に毎月・毎年安定した業績を維持できるのが一番いいのだ。
何故なら安定しているということは来年の予想が立てられるということで、
そして予想が立てば計画が立てられるということだからだ。
毎年一定レベルの売り上げがあって大きくはなくとも利益の予想がつくならば、
5年・10年単位の前向きな資金計画や投資計画を練ることが可能になる。
例えば、土地を買い社屋を建てるとか、
経営安定の為に収益資産を持つとかも長期計画を立てて取り組めるのだ。
金融機関だって着実に安定した売り上げと利益を上げている会社ならば、
どれだけの貸し付けをしても大丈夫かが即座に判断が出来るのだ。
しかし、そんな会社の経営者に限って必要以上に投資をしないし借金もしない。
いつでも先の先を読んで用心深く物事を考えているからだ。
だから、会社はしっかりしているのに地味で見栄など張る様子のない経営者ほど、
実は会社の規模は小さくてもお金を貯め込んでいる場合が多い。
例え2~3年の売り上げ不振も自力で乗り越えてしまうのはこんな経営者だ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.