不動産コラム

借金をゼロにしてさえあれば半分は準備オーケーだ

老後の心配をし始めたらお金は幾らあっても安心が出来ない。
誰もがそう考えるが実際は・・・
さて、出発点だが、
ローンを前倒しで終わらせた家を持ち、
その他の細かい借金をゼロにしてさえあれば半分は準備オーケーだ。
40代でそれに気づき
無駄な浪費癖さえ治しておけば誰だって貯蓄はそれなりにできている筈。
考えてみれば決してそんなに高いハードルではない。
さて、死ぬまでその持ち家で暮らす覚悟を決めたなら
これからの長い老後生活に備えて必要最小限でいいから
リフォームや給湯器などの設備は新しくしておいた方が良い。
屋根や外装もやっておけば15年は何とかなる。
給湯器だって大事に使えば13年くらいは使える。
健康保険に介護保険。
キチンと手続きさえしてあれば行政の手当は意外に頼りになる。
高齢になったら、
入院しても個室に入ったり、
お金のかかる大きな手術はもうしないと覚悟を決めておくのもいいだろう。
不動産も、自宅や家賃の入ってくる物件以外はさっさと処分した方が良い。
例え家賃が入ってくるものでも、
古いものは売れるうちにさっさと売ってしまった方が良いだろう。
売りにくいものでも”捨てたつもり”で安く出せば意外に何とかなる場合が多い。
使ってもいない不動産の固定資産税や管理費を払い続けるのは愚の骨頂だろう。
余分な持ち物を減らせば毎日の生活にかけるお金は意外に少なくなる。
引退したら、自分の実力以下だなんて変な拘りや見栄は捨て、
可能な限り質素・倹約を旨とした生活をする必要がある。
出来れば食生活だけは現役時代のレベルで維持するのが理想的だけれど
現実には収入が減ればなかなかそういう訳にもいかないだろう。
だからこそ、その為の訓練はかなり前からしておくべきだ。
給料が入ってこなくなると同時に食生活が極端に貧しくなったんでは
気分が落ち込んでしまうから気を付けよう。
50代から自然に高価な食材や高級な外食は減らしていけばいい。
なにしろ後半の人生では世間にも自分にも見栄は禁物だ。
自慢話は「昔はでっかい魚を釣った」程度の趣味の思い出話で十分。
現役時代のように万一に備えカバンに大金を入れておく必要もないし、
オレオレ詐欺に騙されないように自宅に必要以上の現金を置いておくのもよそう。
リタイア後は余分な見栄を張らなくてもいいように
しっかりとした計算の上で無理のない生活のレベルを常態として造り上げ、
これから長く続くだろう老後の生活の為の足場を固めてあればいい。
それまでに歩んできた自分の人生に確固たる自信があるならば、
見栄や張ったりして現状を取り繕う必要など全くないのだ。
しかし、これは決めたらと言っていきなり今日からできるというものではない。
3年や5年前からその生活になれるように訓練をしなくてはならない。
現実にその時になってからでは遅いのだ。
私の場合も既に準備は概ね整った。
しかし、まだまだ想定内・想定外の変化が待ち受けている筈だ。
現在63歳、その為に今が頑張る時だ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.