不動産コラム

凡人の一生は意外に苦悩に満ちている

世の中に天才と凡人。
運のいい人と運の悪い人とがいるのは否定できない事実だ。
それぞれ
ある時期が訪れると、
誰でも努力だけでは越えられない高い壁を認識せざるを得ない。
その現実を認めようとしない人は
単に諦めの悪い人と、
それを超えようと常に努力を惜しまない人の
二種類に分かれるとでも言ったらいいのだろうか。
しかしそれを認識するときが早いか遅いかで
もしかしたら人生は随分と違うかもしれない。
自分の身の丈を判断するということは実は意外に難しい。
厳しく見れば
「現実に今現在どれだけの能力を持っているのか」
というのが唯一の基準だし、
希望的な観測を組み込むなら
「自分はこれからどういう可能性を持っているのか」
というのも、
もしかしたら身の丈の基準に入ってくるのかもしれない。
しかし、年齢と経験を積み上げると、
大概の場合はその基準に
”これからの可能性”は組み込めなくなる。
組み込めるのは”可能性”ではなく
現実的な現在の能力に基づいた確実な予定でしかないのだ。
さて、若くから人並み以上に成功も挫折も数多く経験し、
50代後半からやたらと
「自分の身の丈」に拘りだした私だが、
今現在は
自分の身の丈をどう評価したらいいかが判らなくなってしまった。
変な話だが、
低いながら自分の立てた目標を確実に実現してくると、
これから先どこまで新たな希望や計画を考えていいものかが
判らなくなってきてしまったのだ。
例え手元にそれなりの現金があっても、
それを使って次の目標を追いかけていいものかどうか・・・
恐らく日本中の小金持ちの高齢者が陥っているのが、
この「使ってしまっていいのかどうか判断できない病」なのではないか。
自分の老後の生活のみでなく、
周りを心配し過ぎるのが大きな原因だ。
いっそのこと、そんなこと考えずに好きなだけ自分で使ってしまって
残ったものをあげる分には余計なことなど考えずに済むんでは?
と思うが、あらゆる面で理想は高いままだし、
いい加減なことができない性格はきっと死ぬまで変わらない。
凡人の一生は意外に苦悩に満ちている。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.