不動産コラム

出発点がゼロか1か

デフレの世の中で資産運用の最良の状態とは、
実は何もせず現金を持っていることだとも言います。
何故ならデフレが続けば、
わざわざリスクをとって
危険な投資をしなくても結果的に貨幣価値が上がっているわけですからね。
大きな借金をして家賃の入ってくる収益資産を持ったり、
株式に投資するのも積極的なお金の活用の仕方だと思いますが、
何事も先ずはコツコツ働いて貯めたお金があることが前提であるということを
決して忘れてはいけないと思います。
お金に対する考え方は、
その持っている資産の額や、
その資産を作り上げた過程によって大きく違ってくるようです。
例えばそれほど生活費や教育費に困ったことのないような
普通のサラリーマンの家庭で育ち、
お金について何も考えずに育った子供は、
概してお金持ちにはなりにくい傾向にあるということを聞きます。
世の中には羨ましいほどに多くの遺産を相続して、
余裕のある生活を代々続けている人がいるのも現実です。
そんな人を見ると、
「よっぽど前世で良いことをしてきたんだろうな」と納得するしかありませんね。
しかし、世の中のお金持ちの多くが
実はゼロや1から苦労をして自力で資産を築いているのも現実のようです。
その出発点がゼロであるか1であるかも実は目に見えない大きな差になったりもしますが、
私が知っている範囲では自力でお金持ちになった人の多くは、
そのどちらが出発点であっても
人生を変えてしまうような苦難や病や大きな挫折を経験したことがあり、
それを乗り越える過程で読書や様々なものから学ぶ姿勢を持つようになり、
人生観や金銭観について常に真剣に考え続けている人が多いように思います。
決して「何をやっても、沢山稼いで沢山残せばいい」と考えている訳では無いんです。
出発点がゼロか1かという話ですが、
経営者や金持ちになる素養があるとか、
生まれながらに素質とかいうものが元々あるとか無いとかは判りませんが、
商店主や経営者の家に生まれ親が苦労してお金を稼いでいるのを見て育ったり、
それなりの裕福な家で育った場合もそれを次の世代に繋ぎたいと考えるようになるようです。
それと、お金に縁のない家庭でお金のないみじめさを感じて育ってきた子供は、
俗にいう”ハングリー精神”を生かしてお金持ちになる例も確かに多いようですが、
ハングリーすぎる場合はお金に対する執着心が強くなりすぎ、
一般人とは違った人生観や金銭観をもって
道から外れた人生を選択してしまう場合もあるようです。
そんな人も今までに沢山見てきましたが人生後半は寂しいものになる場合が多いようです。
いくら綺麗ごとを言っても、
人生とお金は切っても切れない関係にあるのは確かなことで、
お金との関係から逃げないことは人生で最も重要なことの一つだと思います。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.