不動産コラム

勝ち戦より負け戦の数も経営者にとっては貴重な財産だ

<<東京商工リサーチの記事にによると、
2015年に中国に関連した悪材料で経営が破たんした「チャイナリスク関連倒産」は76件と、
前年の46件から大幅に増加した。
負債総額も前年の203億0200万円から2346億2800万円へと急拡大。
4月に江守グループホールディングス、9月に第一中央汽船など大型倒産が相次ぎ、大きく膨らんだ。
今後は「コスト増」以外の倒産が増える可能性があると指摘する。
「中国の景気減速で倒産件数は前年以上に増える可能性が高まっている」という。>>

中国進出のリスクが囁かれ始めて久しい。
進出で成功した企業も勿論あるようだが、
痛い目にあって撤退してくる企業はそれ以上だ。
時代の流れや流行で社運を賭けて進出した中小企業の苦労は、
度々テレビの経済番組でも報道された。
こんな時は攻めよりも引き際の手腕が経営者の評価を上げる。
勝ち戦より負け戦の数も経営者にとっては貴重な財産だ。

・・・・・・・・
当たり前のことだが、
自分が若い頃には60代や70代の先輩方の人生感など想像もつかなかった。
例え小説や映画でそれが描かれていてもなかなか理解はできないものだ。
しかし、やっぱり自分がその年代になると様々なものが見えてくる。
若い頃には他人と比較をしたり競争をしたりすることで
生きるエネルギーを生み出してきたが、
競ったり争うことを避け始めた
60代や70代のエネルギーの源は一体何なのだろうか・・・
それまでに歩んできた生き様や経験則、
自分が置かれた経済的な状況や、
収入とか家族構成とか様々な条件や環境によって当然のこと違いはあるだろうけれど、
その年代になって現役の社会生活から離れた時に、
私は自分なりの世界観や人生観をしっかりと持って生き続けることができるのだろうか。
とても不安を感じている。
さて、現実に周りを見回してみれば、
何歳になっても若い頃と同じような生活をしている人もいれば、
人生の分岐点の選択で、
それまでの趣味や飲み仲間と縁を切って隠遁生活に入ってしまう人もいる。
もっと趣味に没頭したいが為に、
年令を踏まえた上で続けられる仕事を見つける人もいる。
しかし何でも一生懸命にやれば時間と体力とお金がかかるものなのだ。
私なども今は生活の為と言うよりも、
思う存分に趣味に没頭できるようになる時期に備えて働き続けているようなものだ。
定年後に趣味を仕事にして蕎麦屋をやったり漁師になったり畑をやったり・・・
趣味と仕事の両立ができればこれはこれで理想的だと言えるかもしれない。
我々のような個人事業主や小さな会社の経営者なら、
現役を続けながら工夫次第で休暇を増やしその両立もある程度は可能だろうか。
しかし、リタイアしたら、
経営者を卒業するわけだから今更また何かの経営者になろうとは思わないだろうか。
一般的にはサラリーマンなら60歳・65歳が定年だろうが、
会社の事情によっては早期退職を選択せざるを得ない場合もある。
しかし割増しの退職金をもらったとしてもそんなお金はあっという間に消えてしまうようだ。
リタイア後の暮らしを全面的に年金に依存する生活と、
何か長く続けられる仕事をしてある程度の収入源を持っていたり、
または一つでも二つでも収益物件を持ち、
年金にプラスして毎月一定の家賃が入ってくる生活では、
実は生活や行動範囲に雲泥の差が生じてしまうようだ。
退職金で所有不動産の住宅ローンを完済してしまったとしても、
死ぬまで暮らしていくには所有の家の建物には多くのお金がかかる。
固定資産税にメンテナンスや設備機器の取り換え、
外壁の塗装や屋根の塗装。
それなりに築年数が経過していればかかる費用もさらに増える。
毎日の食費に光熱費そして税金や保険や家のメンテナンス費用・・・
こうなると年金だけでは遊ぶお金の余裕などないだろうことは想像がつく。
多くの場合、人生、いや寿命は確実に長くなっている。
定年後に仲間と釣りに行ったり飲みに行ったりできる余裕があるかないかは、
数十年あるだろう人生後半の大切な味付けに影響すると思うのだが・・・

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.