不動産コラム

取り敢えず東京オリンピックまでは・・・

景気回復の波に乗っている日本。
この現実にまだまだ反論する評論家は多いようだが、
取り敢えず東京オリンピックまでは・・・疑いを持たず頑張ろう。
その間に恐らく日本の現状は一変する。
そんな期待をもって前向きに、
確実に一歩一歩前進したいものだ。
昔から「栄枯盛衰は世の常」と言う。
30年も近隣を見回していると、
消えた商店、
名前と経営者の変わった企業。
消えた地元名士、
新たな実力者。
近隣の商店を見回すと、
大手のスーパーや路面の大型店、
それらの経営内容は意外に情報があってそれなりに判断ができる。
しかし、個人商店の経営状況は長年のその店の変化を観察しないと分からない。
一見地味で、やっているかやっていないか分からないような店舗でも、
意外に経営内容は良かったりする場合は多い。
昔は出店に関する規制があって店舗数が限られていた
例えば酒屋やたばこ店。
街中の酒屋は
量販店や安売り店に客を取られ細々と続けている店舗があるかと思えば、
高級な酒類を多品種揃え、
高額の買い物をする常連客を掴んで繁盛する店もある。
その逆に、タバコ店などは、コンビニに客を取られ今は自販機しか残っていない。
小売店は品揃え次第で広い地域からお客を集められる時代になった反面、
商品力や販売力の無い店舗は、
限られたお客を相手に細々と営業を続けるしかない時代になった。
これは何の商売にも言えることで、不動産業も決して例外ではない。
不動産業界も大手企業は別として、
各地方にある有力不動産会社、
各駅前に店舗を構える駅前の一番店。
そのそれぞれが、
世代交代の波や時代の変化の波に乗り遅れ、
もしくは乗り切れずに消えていく例は珍しくない。
しかし、そんな中でも優秀な経営者が後継者の育成にも成功して、
年々業績を上げ続ける例も決して少なくはないのだ。
私が親しくしている経営者の会社でも、
後継者に恵まれ次の世代に引き継ぐために業容を拡大し続ける会社が幾つもある。
そんな会社に勤めている社員は恵まれていると言えるかもしれない。
ま、他人を羨んでも仕方がない。
それぞれの経営者は恐らく、
自身の置かれた条件の中で先のことを目一杯考えているだろうし、
最後は今流行のM&Aと言う手もあるのだ。
ま、しかし、M&Aはそう簡単にはいかない。
買い取る価値のある会社でなければ買う相手も出ては来ない。
もし、最終的には会社を売却することを考えているのなら、
それだけの価値のある買いたいと思ってもらえる会社にしておく必要があるのだ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.