不動産コラム

同じ収入なら経営者よりサラリーマンの方がいい?

景気が悪くても
首にならない限りサラリーマンは給料をもらえる。
しかし給料はもらえても
遣い方を間違えればお金は幾らあっても足らない。
逆に少ない給料でも上手く使えば未来に繋がっていく。
立場によって手に入るお金の額も違うが、
身の丈の生活を飛び出さなければ
決まった収入がある限りやはりサラリーマンは気楽だ。
犯罪でも侵さなければ首にもならない公務員ならば
尚更のこと申し分がない。
しかし、人間はそれぞれ望むものも目指すものも違うところが良いのだ。
「同じ収入なら経営者よりサラリーマンの方がいい」
という説はあるが、
さて、本当に経営者の殆どがそう考えると言えるだろうか。
私のような生まれてこの方他人に使われたことのない人間は、
他人に使われることを決して好まないしきっと怖いだろう。
それならばいっそのこと
百姓でもやって貧しくとも自給自足の生活が良いと
私などは考えるかもしれない。
私に言わせれば
巧くいこうと
例え茨の道であろうともやっぱり経営者ほど楽しい仕事は無い。
しかし反面、経営者ほどリスクの高い仕事もないのは確かだ。
それでも決して経営者なんかやめたいとは考えなかった人生60年。
60代と言えば「人生50年」と言うくらいで、
昔ならば引退して家でのんびりと老後の生活をしている年代だ。
しかし、今の時代の60代は余程恵まれた環境にいない限り
ノンビリなどしていられないのが現状のようだ。
今、私の場合この年齢になって自分の資力と体力を評価してみて、
”現実に可能な最低と最高の残りの人生設計”を考えることが頻繁にある。
仕事でも私生活でもなんでも同じなのだが、
これから先のことを自分で決められるという恵まれた環境にいるならば、
それを実行する為に先ずは、
夢を目一杯描くのもいいし、
贅沢や無駄は一切排して最低レベルでの形を描いてみるのもいい。
夢を膨らませ過ぎれば絵に描いた餅になりかねないし、
あまりにも最低レベルを追ったのでは夢が無さすぎて寂しい人生になる。
対象が何であっても
最後にもう一度と覚悟を決めて高みを目指してみるのもいい。
もし本当の意味で最大にして最後の選択をしたいと考えるなら、
自分自身を逃げられない状態に追い込んでしまうことも悪くはない。
しかし、私の考えではこの年齢になって
一か八かとか人生や全財産を賭けてなんてことをやる気はない。
しかし、そんなことを考えられる環境に今自分がいることは
実はとても幸せなことだろう。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.