不動産コラム

商いは長く続けるには・・・・

商いは長く続けるには
私の経験からして必要最小限の規模が無難のようだ。
商売というものは
経営者の能力と運次第で幾らでも大きくなる可能性を秘めてはいるが、
一定以上の規模で利益を上げて拡大し続けるのは非常に難しいことだ。
経営者なら誰もが
チャンスがあれば事業規模を拡大して
「もっともっと売り上げを大きく利益も大きく」と考える。
これは、経営者ならば当然のことだ。
しかし、それを成し遂げることができるのは
実はとても限られた人であることも確かなのだ。
例えば物販でも飲食店でも、
そして不動産業でも、
10人以上の規模になるとその数は限られてくるし、
それを支え続ける売り上げを維持するには
想像以上の大変な努力と苦労を求められる。
現実に、経営者のおおよそ多くの人が
まずは一つの店舗で3人以内のスタッフから始め、
それが一定以上の売り上げを安定して維持できるようになると、
3人が5人に、
5人が10人になっていくが、
そこから先がなかなか上手くいくものではない。
経営者の目の届く範囲にも資金にも限界があるからだ。
経営者の能力で自分の目指す方向に確実に舵取りをして行けるのは、
様々な条件が自分の能力の範疇であることが前提になる。
人心掌握も資金調達力も自分自身の健康・体力もそうだ。
例えば、優秀な右腕を得ることができて業績を伸ばし
「今がその時だ」と確信して
能力を超えたような借金をして精一杯業容も拡大した。
「さあこれからだ」と言うときに、
その頼り切っていた右腕が顧客を根こそぎ引っ張って独立してしまった。
それも、自分の会社の重要エリアのど真ん中にだ。
「そんな酷い!」と言っても、
そんな話は世の中には掃いて捨てるほどにあるのだ。
そんな苦難も無事乗り越えてやっとの思いで生き残った経営者は、
やっと「なんとか10年やってます」と言える訳だ。
しかしそれをさらに10年・20年と続けて、
しっかりと資産を蓄えられるのは本当に限られた経営者だけなのだ。
最後は借金と資産のバランスだ。
幾ら傍から見て会社が大きく豊かになっても、
内実は借金まみれでは、
「いざリタイアの時期が来た」と清算しようとしたら
結局は残るのは借金だけだったというのが世の中の多くの会社の現実だ。
夢のような億万長者を目指すのもいいが、
現実的に商いは、
長く続けリタイア時にきちんと資産を残すには、
私の経験からして
世間や他の経営者達からは「馬鹿だ、どんくさい」と蔑まれたとしても、
必要最小規模の
自分で自覚するところの経営者の能力の範疇で抑えるのが無難のようだ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.