不動産コラム

土地活用の手法:建設協力金方式

建設協力金方式というのは、建物を利用するテナントもしくはテナントに依頼を受けたデベロッパー等の業者から予め資金提供を受け、その資金で建物を建てて貸し出す方法を言います。
土地の所有者が自己資金を出して建物を建てなくても済むため、資金調達に奔走することはありませんし、テナントが決まっていて賃貸収入が当初から約束されているため、土地の活用としてはコストを掛けずに収益を上げられる特徴があります。

ただし、自己資金を用意しないといっても借入金と同じようなことで、建設協力金は建物が完成して賃貸契約が開始されると、通常は保証金という名目になり賃貸契約の終了までに返済していかなければなりません。
土地の所有者は、建設協力金を受けた事業者に対してテナント賃料の中から返済していくことになります。

建設協力金方式で建てられる建物としては、借主はテナントですから必然的に店舗となり、また、建物は土地の所有者が建築主となるので、賃貸契約が終了した後には所有者の不動産として残ります。
良くあるパターンとしては、道路沿いのファミリーレストランなど、地域性や需要に対して参入してくるテナントが多くなります。

しかし、初めからテナントが決まっているだけに、応用が効かない(同業者しか使えない)建物になりがちで、賃貸契約が終了しても再利用できるとは限らず、テナントの業績不振などで撤退となり中途解約になった場合には、建設協力金と建物についての扱いをどうするか複雑になりがちです。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.