不動産コラム

太陽光発電で余った電気:売電制度ってどんなもの?

売電制度というのは、太陽光発電によって生み出された電力を、電力会社に売ることができる制度のことで、価格については国が決めています。

売電制度には2種類あり、自家使用して余った電力を売る余剰買取制度と、発電した電力を全て売る全量買取制度があります。
初めは余剰買取制度でしたが、2012年7月1日からは全量買取制度へ移行となりました。

太陽光発電というのは太陽の光を利用する特性上、昼間しか発電できませんが、この電力は貯えておくことができず、昼間発電して消費量の多い夜に備えるということができません。
正確にいえばできなくはないのですが、電気を貯める(蓄電する)ための設備が非常に高価なため、費用面でメリットがないのです。

売電制度そのものは、一種の補助金的な役割を果たしており、売電制度が無ければ電力が単に無駄になり誰も太陽光発電を導入しようとも思いませんよね。
そして売る方が買う方よりも高いというのがポイントで、より多く売ることで早く初期投資の回収ができるようになっています。

この売電制度によって、初期費用の回収ができるからこそ、太陽光発電は高価であるにもかかわらず普及が進み現在に至ります。
特に企業においては、営利目的で活動している以上、売電制度が無ければ太陽光発電を導入するメリットなど全く無くなるでしょう。

国が定めた売電価格は、年々下落する傾向にあり、平成25年度は1kWhあたり38円になりました。
売電制度スタート時には1kWhあたり48円、平成24年度は1kWhあたり42円ですから、今後は更に価格低下が進むと予想されます。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.