不動産コラム

太陽光発電の補助金制度:補助金制度の今後

補助金の今後の動向としては、明らかに補助金額のカットや補助金枠の縮小が考えられます。
これは、普及が進んできたこともさることながら、ここ数年で大幅に導入コストが縮小したことが原因です。

ほんの数年前まで1キロワット(kW)あたり50万円を切るのは難しく、工事費を含めると200万円を割り込むというのは難しい状況にありました。
しかし、現在では1kWあたり50万円では既に高すぎると考えられるくらいに、低コスト化が目立ってきています。

補助金の根本的な考えは、どのような補助金であっても、導入を推進していても高価で普及が進まない、導入するのにリスクがあって踏み切れないという設備や制度に対して行われるものです。
ですから、既に新車よりも安くなりつつある太陽光発電に対し、補助金が打ち切られたり縮小されたりしていくのは当然の流れと言えるでしょう。

また、国は京都議定書からのCO2削減計画に沿って太陽光発電の普及を進めている以上、補助金の縮小はしても無くなるまでには時間が掛かるかもしれませんが、自治体レベルでの補助金については予算枠を大きく取れないので早めに終了が考えられます。
事実、東京都がそうであるように、早々と補助金を打ち切って次の段階の支援策に移行している自治体もあります。

こうした流れを踏まえると、更に導入コストが減少すれば、補助金そのものは必ず無くなると思っていて良く、それであっても補助金がある=導入コストが高いという理屈から、トータルで見た導入コストについては補助金があっても無くても同じくらいになっていくと考えられます。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.