不動産コラム

太陽光発電の詳しいメカニズム

太陽光パネルで作られた電気を、どうやって家庭のコンセントで使えるようにするのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか。
太陽光発電システムのメカニズムについて順を追って説明していきます。

まず、太陽光パネル1つ1つはそれほど大きな電気を生み出せませんので、各パネルで発生する電気を「接続箱」と呼ばれる装置に集めます。
接続箱に集められた電気は、「パワーコンディショナー」と呼ばれる装置に送られますが、パワーコンディショナーはとても重要な仕事を担っており、太陽光発電システムには不可欠となっています。

それは、電気の種類に関係があり、直流と交流という言葉について、聞いたことくらいはあるのではないでしょうか?
太陽光パネルで作られる電気は直流という種類で、そのままでは家庭用コンセントで使用することができません。
そのため、パワーコンディショナーでは直流から交流という電気に変換して、次の装置である分電盤へと送ります。

分電盤は、各電気装置へ送る電気のターミナルのような役割で、例えば照明器具というのは、普通はコンセントに繋がっていませんから分電盤から供給されています。
もちろんコンセントに電気を送るのも分電盤の仕事ですし、全てを太陽光発電で賄うという事にはならないため、電力会社からの電気も分電盤に繋がっています。

更に太陽光発電システムでは、もう1つ大切な装置があり、それは2つの電力量計です。

太陽光発電システムを導入していなくても、電気を使うと電力量計で使った分だけ請求されますよね。
その他に太陽光発電の場合、電力会社に電力を売ることができるため、電力会社に売る分についても計測するための電力量計が必要になります。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.